●English Page●ホーム●サイトマップ
メニュー
HOME
会長挨拶
日本地震学会の概要
組織・委員会
規則集・投稿規定
行事予定
秋季大会
夏の学校
IAG-IASPEI2017
出版物・資料
学会賞
公募・助成
寄付制度のご案内
入会案内・諸手続
メーリングリスト
投稿・問い合わせ先
賛助会員
リンク
地震に関するFAQ
会員専用

TOP

  •  このたび日本地震学会会長を拝命するにあたり、ご挨拶を申し上げます。
     まず、今般発生しました熊本地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。熊本地震に限らず、我が国は数年に一度といった頻度で大地震に襲われています。このような地震国において、日本地震学会は、諸先輩方の努力により地震に関する学術の発展に大きな貢献をして参りました。また1995年の阪神・淡路大震災以降は、地震災害軽減のため地震に関する知識の普及に努めて参りました。さらに、2011年の東北地方太平洋沖地震の発生を真摯に受け止め地震学や地震学会のあり方について議論を重ねました。これを受けて、加藤前会長のもとでは行動計画2012を策定し、和文会誌「地震」の改革や地震学を社会に伝える連絡会議創設など、多くの取り組みを進めてきました。今期は、このような活動を継承・発展させ、地震に関する学問のさらなる発展と災害軽減に向けた社会貢献を進めていくとともに、学会の抱える諸課題を解決していきたいと考えています。来年は日本地震学会が日本測地学会と共同主催するIAG-IASPEI(国際測地・地震・地球内部物理学連合)学術総会が神戸で開催されます。この会が日本の地震学のさらなる発展に繋がるよう努力したいと思います。

     会員にとっては学会の活動に参加・貢献することが大きな魅力となるような日本地震学会を、社会にとっては地震学の進歩を実感できる日本地震学会を目指して努力していきたいと考えています。みなさまの温かいご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

    公益社団法人日本地震学会 会長 山岡耕春




  • 秋季大会


  • 地震学夏の学校2016:参加者募集(募集は締切ました)




      「地震学夏の学校」は大学生・大学院生を主な対象として行う合宿形式のセミナーです.2016年度は「内陸地震」をテーマとして,最前線で活躍している研究者をお招きし,基礎から最先端の研究までを講義していただく予定です.内陸地震の発生過程や地殻構造,活断層,強震動,調査観測手法についてさまざまな切り口から学ぶことができる内容を目指して準備をすすめています.また,平成28年(2016年)熊本地震に関する最新の研究成果についても紹介していただきます.そして,今年は講義をただ受けるだけではなく,熊本地震で実際に観測された地震波形データを使ったグループ実習の時間を設けます.データの解析を体験し,結果について講師陣や参加者と議論しましょう.今回も参加者同士の交流を深めるため,研究発表会を開きます.講師陣や世話人など,地震学に携わる研究者と研究に限らずいろいろな話題についてじっくり話をすることもできます.さまざまな大学から学生が参加しますので,今後の大学・大学院生活を共に頑張っていく仲間を作るチャンスです.みなさま,奮ってご参加下さい.
    世話人:山下裕亮,宮崎真大,加納靖之



    ● 開催概要
    主 催:公益社団法人日本地震学会
    日 程:2016年9月19日(月・祝)から21日(水)
    場所:京都府立ゼミナールハウス(http://kyosemi.or.jp/index.html
    参加募集人数:50名程度
    テーマ:「内陸地震」


    ● 講師(五十音順)と講義テーマ
    遠田 晋次 先生(東北大学災害国際研究所)
    西村 卓也 先生(京都大学防災研究所)
    松本 聡 先生 (九州大学大学院理学研究院)
    三宅 弘恵 先生(東京大学大学院情報学環/地震研究所)
    ※講義は日本語で行います.
    ※講義のタイトルは後日お知らせします.


    ● 参加対象者
    地震学をはじめとした地球科学を専攻する学部生,修士課程の大学院生を主たる対象としますが,本年度のテーマ「内陸地震」に興味のある学生ならどなたでも歓迎します.講師の方々には,学部4年生ないし修士課程1年生に理解できる程度の内容で講義をお願いしています.また,夏の学校は,若手研究者の育成を目的としているため,学生の参加を優先しますが,定員に余裕のある場合には一般の方(ポストドクターを含む)にもご参加頂けます.


    ●参加費用(6食の食事代・2泊の宿泊代・講義資料代を含む).
    学生会員:10,000円
    一般会員:12,000円
    ※地震学会非会員の方は,2000円追加でお支払いいただきます.受付前に地震学会へ入会申請を行えば会員料金としますので,申し込みの際にお知らせ下さい.
    ※宿泊は相部屋となります(個室はありません).


    ● 集合・解散
    集合:2016年9月19日(月)午前11:30 JR二条駅
    解散:2016年9月21日(水)午後1:00 JR二条駅
    ※JR二条駅から会場までは無料送迎バスで移動します.
    ※会場に直接来ていただくこともできます.
    ※スケジュール調整の都合により,時刻・場所が変更になる場合があります.予めご了承下さい.


    ● 研究発表(ポスター形式)
    参加者による研究発表を行います.学会発表のようなきっちりした形でなく,飲みものを片手にリラックスした雰囲気の中で,ざっくばらんに議論できればよいと考えています.発表の形式は,ポスターもしくはスライドを印刷したものを用意して下さい(使用可能なスペース(予定):170 cm(高さ)×110 cm(幅)).発表内容は,本学校のテーマに拘わらずご準備いただいて結構です.卒業論文・修士論文などとしてまとめる最中で完成した研究ではないが,多くの人の意見を聞いて今後の方向を探ってみたい,という研究の途中報告でも構いません.自分の研究について他大学の皆さんにも知ってもらい,互いに議論するための良い機会ですので,ぜひご発表ください.


    ● 参加申し込み
    地震学会事務局まで以下の内容を本文に書いてメールでお申し込みください.定員になり次第,申し込みを終了させて頂きます.参加申し込み期間は2016年7月13日(水)正午〜2016年8月8日(月)正午(*締切を延長しました)です.期間外にメールをいただいても受付できません.ご記入いただいた個人情報は,地震学夏の学校の事務のみに使用いたします.
    申し込みメールアドレス:ssj-summer@tokyo.email.ne.jp
    お名前:
    所属・学年等:
    年齢:
    性別:
    連絡先メールアドレス:
    ポスター発表のタイトル:
    無料送迎バスの利用の有無:行き帰りとも利用・行きのみ利用・帰りのみ利用・利用しない

  • ご寄附のお願い


    公益社団法人日本地震学会 会員の皆様

     日頃公益社団法人日本地震学会の活動に対しまして多大なるご支援をいただき深く感謝いたしております。日本地震学会は、特定公益増進法人として特別の税制上の優遇措置を受けておりますので、このことについてお知らせすると共に改めてご寄付のお願いを申し上げます。

     本学会は、地震学に関する学理及びその応用についての研究発表、知識の交換、及び内外の関連学会との連携を行うことにより、地震学の進歩・普及を図り、わが国の学術の発展に寄与することを目的としています。この目的達成のために研究発表会や学術誌の刊行の他、情報誌「日本地震学会ニュースレター」や広報紙「なゐふる」の刊行あるいは各種の講習会等を実施しております。これらの事業を円滑に推進するためには一般会員や賛助会員の皆様方の会費、ご寄附等を原資として活用させていただいております。
     
     日本地震学会は、2010年に「公益社団法人」として認定されたことにより、皆様方からの学会へのご寄附に対して特別の納税義務の免除が認められることとなりました。これは、寄附行為を促進することによって学会活動を活発にし、学会の社会に対する貢献を推進するための国の施策と考えております。「公益社団法人」として今後日本地震学会の活動をさらに推進し、学術の発展や災害軽減を通じて社会により大きな貢献を果たしていくために皆様方からの多大なるご支援をいただきたく、ここにご寄附をお願いする次第です。ご寄附に関する詳細については別紙をご参照ください。皆様からいただきましたご寄附は上述した各種の学会事業に有効に使わせていただくことをお誓いいたします。

     皆様方からの熱いご支援を頂けますことを心よりお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いいたします。

    公益社団法人日本地震学会 会長


  • ことがら投稿・問い合わせ先投稿・問い合わせの際の注意事項
    事務連絡入退会事務局zisin@tokyo.email.ne.jp入会のご案内をお読みいただき,書式をダウンロードして下さい
    所属・連絡先変更事務局zisin@tokyo.email.ne.jp新旧両方の所属・連絡先をご連絡下さい
    投稿和文会誌「地震」事務局zisin@tokyo.email.ne.jp投稿規定のページもご確認下さい
    情報誌「ニュースレター」学会情報誌編集委員会zisin-news@tokyo.email.ne.jp投稿のてびきのページもご確認下さい
    広報紙「なゐふる」広報委員会zisin-koho@tokyo.email.ne.jp投稿規定・原稿見本のページもご確認下さい
    欧文誌「Earth, Planets and Space」(EPS)

    EPSのページ(外部)をご覧下さい
    依頼行事予定の掲載事務局zisin@tokyo.email.ne.jp指定項目を必ずご記入下さい
    人事公募の掲載学会情報誌編集委員会zisin-news@tokyo.email.ne.jp
    後援・協賛事務局zisin@tokyo.email.ne.jp
    問い合わせ秋季大会大会・企画委員会ssj-program@tokyo.email.ne.jp秋季大会のページもご覧下さい
    学会webサイト(人事公募の掲載依頼を除く)広報委員会zisin-koho@tokyo.email.ne.jp
    学会webサイト(人事公募の掲載依頼)学会情報誌編集委員会zisin-news@tokyo.email.ne.jp
    地震に関する質問広報委員会zisin-koho@tokyo.email.ne.jp地震に関する質問についてもご覧ください
    メールニュース学会情報誌編集委員会zisin-mailnews@tokyo.email.ne.jp記事の投稿は受け付けていません
    講習会等事務局zisin@tokyo.email.ne.jp当該講習会・担当委員会のページもご覧下さい
    メーリングリストなゐふるメーリングリスト(nfml)への参加nfml世話人nfml-sewa@ml.asahi-net.or.jpnfmlのページをご確認下さい
    上記以外事務局・各担当委員会
    委員会のページもご参照下さい

    日本地震学会事務局
    〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル8F
    電話 03-5803-9570
    FAX 03-5803-9577
  • 賛助会員になられると次の諸事項について権利を有します.

    ・和文会誌(地震)、情報誌(公益社団法人日本地震学会ニュースレター)を配布いたします.
    ・本会が主催する事業に参加することができます.
    ・学会webサイトと賛助会員のホームページのリンクを掲載するとともに、和文会誌(地震)、情報誌に賛助会員一覧を掲載します.

    下記の企業・団体は日本地震学会の賛助会員として,地震学の発展に貢献されています.

  • (これは日本地震学会としての統一見解ではなく、読者の理解の一助として広報
    委員会が整備したものです。イニシャルがついていないものは広報委員会による
    回答。イニシャルがついているものは個人の回答です。)

企画制作:公益社団法人日本地震学会・ 広報委員会
問い合わせ先
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル8F
Copyright (c) 1997-2010, Seismological Society of Japan. All Right Reserved.