●English Page●ホーム●サイトマップ
メニュー
HOME
会長挨拶
日本地震学会の概要
組織・委員会
規則集・投稿規定
行事予定
秋季大会
夏の学校
IAG-IASPEI2017
出版物・資料
学会賞
公募・助成
寄付制度のご案内
入会案内・諸手続
メーリングリスト
投稿・問い合わせ先
賛助会員
リンク
地震に関するFAQ
会員専用
トップ  >  地震に関するFAQ  >  1)地震の基礎  >  FAQ 1-4. 昔の地震の震度やマグニチュードの決定方法(2014年以前に作成)

FAQ 1-4. 昔の地震の震度やマグニチュードの決定方法(2014年以前に作成)

質問:昔の地震の震度やマグニチュード(M)はどのようにして決めているのですか?


回答:計測器が無かった時代には、被害の様子を調べ、その大きさからまず、震度を評価します。例えば、木造家屋の全壊率と震度の関係や、墓石の転倒具合と震度の関係などを用いて、被害から震度を推定するわけです。そして、地盤の揺れやすさなども考慮して、被害の大きいところの真ん中を震源とします。その後、震度分布から震度4、5、6の広がりの半径や面積を求めます。最近の地震で、それらの値とMの関係式がつくられていますので、それを使ってMを決めます。ただし、海域の地震では揺れた範囲が海にかかりますので、震度分布がうまく決まりません。そんな時には、震度に加えて津波の高さを使ってMを決めることもあります。いずれの場合でも最近の地震でMが評価されている地震の震度分布や津波の波高分布と比較する作業により、精度の向上が計られています。(T、S)



企画制作:公益社団法人日本地震学会・ 広報委員会
問い合わせ先
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル8F
Copyright (c) 1997-2010, Seismological Society of Japan. All Right Reserved.