●English Page●ホーム●サイトマップ
メニュー
HOME
会長挨拶
日本地震学会の概要
組織・委員会
規則集・投稿規定
行事予定
秋季大会
夏の学校
IAG-IASPEI2017
出版物・資料
学会賞
公募・助成
寄付制度のご案内
入会案内・諸手続
メーリングリスト
投稿・問い合わせ先
賛助会員
リンク
地震に関するFAQ
会員専用
トップ  >  出版物・資料  >  情報誌「日本地震学会ニュースレター」【年6回発行】  >  Vol.26(2014年度)  >  Vol.26 No.6 March 10, 2015  >  2014年度日本地震学会学生優秀発表賞受賞者の紹介

2014年度日本地震学会学生優秀発表賞受賞者の紹介

2014年度日本地震学会学生優秀発表賞選考委員長 竹内 希 

  日本地震学会2014年度秋季大会において学生優秀発表賞の選考を行いました.結果,方法ならびに審査委員等については,同号に報告しております.ここに7名の受賞者から受賞に際してのコメントを寄せていただきましたので紹介します.

受賞者の紹介(五十音順)

奥脇  亮
筑波大学大学院生命環境研究科
(修士課程1年)
「Hybrid Back-Projection法によって明らかになった2014年イキケ地震の複雑な破壊過程」
コメント :
「一つひとつの地震波形記録がもつ情報を,逃さずに読み取る重要性を主張すべく発表に臨みました.賞という形で評価をいただき,大変光栄に思います.指導教員の八木勇治准教授をはじめ,お世話になっている皆様に感謝致します.」


久保久彦
京都大学大学院理学研究科
(博士課程3年)
「ベイジアンインバージョンとマルチタイムウィンドウ法を組み合わせた震源過程解析」
コメント :
「この度は2014年度学生優秀発表賞を授与いただき,大変光栄に思っております.これまでご指導いただいた先生方に深く感謝申し上げます.これを励みに,震源過程や強震動の分野を中心とした地震学の研究にさらに勤しみたいと思います.」


中尾篤史
東京工業大学大学院理工学研究科
(博士課程1年)
「スラブの脱水とプレート沈み込みのダイナミクス」
コメント :
「多くの参加者のご専門とは異なるテーマでの発表でしたので,不安があったぶん,とても嬉しく思います.今後もぜひ地震学会を研究発表の場とさせていただきたいです.」


畠山範重
東北大学大学院理学研究科
(修士課程1年)
「小繰り返し地震の高周波成分の多様性」
コメント :
「この度は,学生優秀発表賞をいただき大変嬉しく思います.松澤暢先生,内田直希先生をはじめ,日頃からご指導くださる皆様に感謝申し上げます.今回の受賞を励みに,今後さらに研究に力を入れていきたいと思います.」


堀野一樹
金沢大学大学院自然科学研究科
(修士課程2年)
「西南日本での深部低周波微動の振幅─継続時間分布とscaled energyの対比」
コメント :
「この度は学生優秀発表賞を頂き,大変光栄に思います.平松良浩教授をはじめ,ご指導頂きました皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます.今回の受賞を励みに,今後ともわかりやすい発表を心がけていく所存です.」


横井大輝
名古屋大学大学院環境学研究科
(修士課程2年)
「地震波モニタリングのためのボアホール型シングルフォース震源の開発」
コメント :
「この度は日本地震学会学生優秀発表賞を頂き,誠にありがとうございます.このような賞を頂けるとは思っておりませんでしたので,大変驚いております.山岡耕春先生はじめ,ご指導いただいた先生方に心から感謝申し上げます.」


Loic Viens
東京大学大学院工学系研究科
(博士課程2年)
「Long-Period Ground Motion Prediction of Subduction Earth­quakes Using the Onshore-Offshore Ambient Seismic Field」
コメント :
「I am very honored to receive this 2014 Outstanding Student Presentation Award from The Seismological Society of Japan. I would like to thank Hiroe Miyake and Kazuki Koketsu who helped me to improve this presentation. This award encourages me to make further efforts on my research work.」




企画制作:公益社団法人日本地震学会・ 広報委員会
問い合わせ先
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル8F
Copyright (c) 1997-2010, Seismological Society of Japan. All Right Reserved.