2017年度地震火山こどもサマースクール開催地の公募について(平成28年2月25日締切)Recruit and Grant

2015年12月1日
地震火山こどもサマースクール3学会連合企画委員会

2017年度地震火山こどもサマースクール開催地候補募集要項

 地震火山こどもサマースクールは、1999年夏から小・中・高校生を対象にはじまった行事で、現在、日本地震学会、日本火山学会、日本地質学会が共同で実施する地球科学関連では最大規模の体験学習講座です。今回、下記により2017年度に実施する第18回の開催地を公募いたします。

 このサマースクールでは、参加するこどもたちが、第一線の研究者と一緒に、地元の見慣れた景観の中に隠された地球の活動を探し、大地や風景のなりたちを考えます。野外観察や身近な材料を使った実験、研究者との対話を通じて、その土地の誕生から現在までの歴史や、そこに成立した地域社会との関係について楽しく学びます。また、開催地で見られる地震活動や火山噴火などの証拠に触れることで自然災害に対する理解も深めます。プログラムの最後には、子どもたちが研究者と一緒に行った調査の結果についての発表を、一般市民向けに行います。3学会としては、このサマースクールを契機に、地元で継続的な活動が生まれることを期待しています。

 学会からの講師の交通費・謝金を開催地が負担する必要はありません。また、開催地やその近くで、過去の地震や火山による被害がなくても構いません。詳しいことは、地震火山こどもサマースクールのホームページ( http://www.kodomoss.jp/)の「としょしつ」にある、地震火山こどもサマースクールの標準的なプログラム形式などをご覧ください。

 なお、2016年第17回地震火山こどもサマースクールが、2016年8月20、21日に和歌山県串本町などで開催を予定しています。2017年度の開催地となった場合、前日の8月19日の準備段階から、スタッフとして参加いただくことを期待しています。

応募資格

  1. 地震火山こどもサマースクールの主旨に賛同し、現地事務局を設置できる団体.応募が採択されたのち、三学会(地震・火山・地質学会)のスタッフと現地事務局で実行委員会を結成。この実行委員会がサマースクールを実施します。
  2. 現地学校の夏休み期間中に、1泊2日の日程(土日が望ましい)で、サマースクールを実施できること。
  3. こどもとスタッフの宿泊に供することができる宿泊施設を確保可能なこと。

募集期間

2016年1月12日~2月25日

申し込み方法

必須事項を専用の用紙(ここからダウンロード)に記入の上、地震学会事務局にメールまたは郵送にて申し込む。(郵送の場合は消印有効)

選考結果の通知

2月末日までに、メールにて採用か不採用かを連絡します。

本件に関する連絡先

公益社団法人日本地震学会事務局(担当:地震学会普及行事委員会)
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12東京RSビル8F
E-mail:zisin@tokyo.email.ne.jp TEL:03-5803-9570 FAX:03-5803-9577

地震学会 火山学会 地質学会
ページ最上部へ