20世紀前半(1901-1950)Publications

番号 301
西暦 1901/ 6/ 24
和暦 (明治 34)
震央・M N28° E130° M7.5
記事 奄美大島近海:名瀬市内で石垣崩壊などの小被害があり,小津波があった.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 302
西暦 1901/ 8/ 9
和暦 (明治 34)
震央・M N40.5° E142.5° M7.2
記事 八戸地方:10日にも同程度の地震(M 7.4) があった.青森県で死傷18,木造潰家8,秋田・岩手でも被害があった.宮古に波高60cmの津波があった.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 303
西暦 1902/ 1/ 30
和暦 (明治 35)
震央・M N40.5° E141.3° M7.0
記事 三戸地方:三戸・七戸・八戸などで倒壊家屋3,死1.前の地震の余震か?

▲このページの先頭に戻る

番号 304
西暦 1903/ 8/ 10
和暦 (明治 36)
震央・M N36.2° E137.6° M5½
記事 乗鞍岳西方:道路の崩壊,山崩れがあった.余震が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 305
西暦 1904/ 5/ 8
和暦 (明治 37)
震央・M N37.1° E138.9° M6.1
記事 新潟県六日町付近:五十沢村・城内村で家屋・土蔵などの破損があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 306
西暦 1905/ 6/ 2
和暦 (明治 38)
震央・M N34.1° E132.5° M7¼
記事 安芸灘:『芸予地震』:広島・呉・松山付近で被害が大きく,広島県で家屋全壊56,死11,愛媛県で家屋全壊8.煉瓦造建物・水道管・鉄道の被害が多かった.1903年以来,この近くで地震が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 307
西暦 1905/ 6/ 7
和暦 (明治 38)
震央・M N34.8° E139.3° M5.8
記事 大島近海:5日から200回以上前震があった.破損家屋3.道路・石垣の崩壊が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 308
西暦 1909/ 3/ 13
和暦 (明治 42)
震央・M (08h 19m) N34.5° E141.5° M6.7
(23h 29m) N34.5° E141.5° M7.5
記事 房総沖:あとの方が強く,横浜で煙突・煉瓦壁の崩壊などの被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 309
西暦 1909/ 8/ 14
和暦 (明治 42)
震央・M N35.4° E136.3° M6.8
記事 滋賀県姉川付近:『江濃(姉川)地震』:虎姫付近で被害が最大.滋賀・岐阜両県で死41,住家全壊978.姉川河口の湖底が数十m深くなった.

▲このページの先頭に戻る

番号 310
西暦 1909/ 8/ 29
和暦 (明治 42)
震央・M N26° E128° M6.2
記事 沖縄:那覇・首里で家屋半壊3,死1.

▲このページの先頭に戻る

番号 311
西暦 1909/ 11/ 10
和暦 (明治 42)
震央・M N32.3° E131.1° M7.6
記事 宮崎県西部:宮崎市付近で被害が大きく,宮崎・大分・鹿児島・高知・岡山・広島・熊本の各県に被害があった.大きなやや深発地震で,深さ約150km.従来,日向灘とされていたもの.

▲このページの先頭に戻る

番号 312
西暦 1910/ 7/ 24
和暦 (明治 43)
震央・M N42.5° E140.9° M5.1
記事 有珠山:15日以来地震頻発、この地震で虻田村で半壊破損15,その他でも小被害があった.この約7時間半後,有珠山が爆発した.

▲このページの先頭に戻る

番号 313
西暦 1910/ 9/ 8
和暦 (明治 43)
震央・M N44.2° E141.6° M5.3
記事 天塩鬼鹿沖:沿岸に軽い被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 314
西暦 1911/ 6/ 15
和暦 (明治 44)
震央・M N28.0° E130.0° M8.0
記事 喜界島近海:有感域は中部日本に及び,喜界島・沖縄島・奄美大島に被害があった.死12,家屋全壊422.この地域最大の地震.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 315
西暦 1912/ 8/ 17
和暦 (大正 1)
震央・M N36.4° E138.3° M5.1
記事 長野県上田町付近:土塀・石垣の崩壊6,その他小被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 316
西暦 1913/ 6/ 29
和暦 (大正 2)
震央・M N31.6° E130.3° M5.7
記事 鹿児島県串木野南方:翌日再震 (M 5.9),この方が強かった.両方で家屋倒壊1,非住家倒壊2.地鳴りを伴った.

▲このページの先頭に戻る

番号 317
西暦 1914/ 1/ 12
和暦 (大正 3)
震央・M N31.6° E130.6° M7.1
記事 桜島:桜島の噴火で発生した地震.鹿児島市で住家全倒39,死13,鹿児島郡で死22余.小津波があった.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 318
西暦 1914/ 3/ 15
和暦 (大正 3)
震央・M N39.5° E140.4° M7.1
記事 秋田県仙北郡:『秋田仙北地震』:仙北郡で最もひどく, 全体で死94,家屋全壊640.地割れや山崩れが多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 319
西暦 1914/ 3/ 28
和暦 (大正 3)
震央・M N39.2° E140.4° M6.1
記事 秋田県平鹿郡:前の地震の最大余震.沼館町で家屋全壊数戸.

▲このページの先頭に戻る

番号 320
西暦 1915/ 3/ 18
和暦 (大正 4)
震央・M N42.1° E143.6° M7.0
記事 広尾沖:芽室村字美生村と戸蔦村で家屋倒潰,死各1.

▲このページの先頭に戻る

番号 321
西暦 1915/ 11/ 16
和暦 (大正 4)
震央・M N35.4° E140.3° M6.0
記事 房総半島:下香取郡万才村・長生郡西村・その他で崖崩れがあり,傷5,人家・物置の潰れがあった.群発地震で,12日から地震が続いていた.

▲このページの先頭に戻る

番号 322
西暦 1916/ 2/ 22
和暦 (大正 5)
震央・M N36.5° E138.5° M6.2
記事 浅間山麓:山麓で激しく,嬬恋村で山崩れ、家屋全壊7.その他,大笹・大前などで半壊3,破損109,土蔵破損164.

▲このページの先頭に戻る

番号 323
西暦 1916/ 11/ 26
和暦 (大正 5)
震央・M N34.6° E135.0° M6.1
記事 神戸:死1.付近に軽い被害があった.有馬温泉の泉温1°C上がる.

▲このページの先頭に戻る

番号 324
西暦 1917/ 5/ 18
和暦 (大正 6)
震央・M N35.0° E138.1° M6.3
記事 静岡県:死2.煉瓦塀・煉瓦煙突の被害が多かった.志田順による発震機構の先駆的な研究で知られる地震.

▲このページの先頭に戻る

番号 325
西暦 1918/ 9/ 8
和暦 (大正 7)
震央・M N45½° E152° M8.0
記事 ウルップ島沖:沼津まで地震を感じる.津波の波高,ウルップ島岩美湾で6~12m,根室1m,父島1.5m など.ウルップ島で溺死24.

▲このページの先頭に戻る

番号 326
西暦 1918/ 11/ 8
和暦 (大正 7)
震央・M N44½° E150H° M7.7
記事 ウルップ島沖:東京で有感.津波があり,父島で波高50cm.

▲このページの先頭に戻る

番号 327
西暦 1918/ 11/ 11
和暦 (大正 7)
震央・M (02h 59m) N36.5° E137.9° M6.1
(16h 04m) N36.5° E137.9° M6.5
記事 長野県大町付近:『大町地震』:震害があったのは大町及び付近の村で,家屋全壊6,半壊破損2852,非住家全壊16.2回目の方が強かった.大町を中心に15cmほどの土地の隆起があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 328
西暦 1921/ 12/ 8
和暦 (大正 10)
震央・M N36.0° E140.2° M7.0
記事 茨城県南部:千葉・茨城県境付近に家屋破損・道路亀裂などの小被害があった.従来,竜ケ崎付近の地震とされていたもの.

▲このページの先頭に戻る

番号 329
西暦 1922/ 4/ 26
和暦 (大正 11)
震央・M N35.2° E139.8° M6.8
記事 浦賀水道:東京湾沿岸に被害があり、東京・横浜で死各1.家屋・土蔵などに被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 330
西暦 1922/ 12/ 8
和暦 (大正 11)
震央・M (01h 50m) N32.7° E130.1° M6.9
(11h 02m) N32.7° E130.1° M6.5
記事 千々石湾:被害はおもに島原半島南部・天草・熊本市方面.長崎県で死26,住家全壊195,非住家全壊459.このうち2回目の地震による死3.

▲このページの先頭に戻る

番号 331
西暦 1923/ 7/ 13
和暦 (大正 12)
震央・M N30.6° E131.2° M7.1
記事 種子島付近:家屋小破77余,その他小被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 332
西暦 1923/ 9/ 1
和暦 (大正 12)
震央・M N35.1° E139.5° M7.9
記事 関東南部:『関東大地震』:東京で観測した最大振幅14~20cm.地震後火災が発生し被害を大きくした.全体で死・不明14万2千余,家屋全半壊25万4千余,焼失44万7千余.山崩れ・崖崩れが多い.房総方面・神奈川南部は隆起し,東京付近以西・神奈川北方は沈下した.相模湾の海底は小田原-布良線以北は隆起,南は沈下した.関東沿岸に津波が襲来し,波高は熱海で12m,相浜で9.3m など.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 333
西暦 1923/ 9/ 1
和暦 (大正 12)
震央・M (16h 38m) N35.5° E138.9° M6.8
記事 山梨県南東部:小被害があった.関東地震の余震.

▲このページの先頭に戻る

番号 334
西暦 1924/ 1/ 15
和暦 (大正 13)
震央・M N35.5° E139.2° M7.3
記事 丹沢山塊:東京・神奈川・山梨・静岡各県に被害があり,死19,家屋全壊1200余.特に神奈川県中南部に被害が著しかった.

▲このページの先頭に戻る

番号 335
西暦 1925/ 5/ 23
和暦 (大正 14)
震央・M N35.6° E134.8° M6.8
記事 但馬北部:『北但馬地震』:円山川流域で被害多く、死428,家屋全壊1295,焼失2180.河口付近に長さ1.6km, 西落ちの小断層二つを生じた.葛野川の河口が陥没して海となった.

▲このページの先頭に戻る

番号 336
西暦 1927/ 3/ 7
和暦 (昭和 2)
震央・M N35.5° E135.2°deg; M7.3
記事 京都府北西部:『北丹後地震』:被害は丹後半島の頚部が最も激しく,淡路・福井・岡山・米子・徳島・三重・香川・大阪に及ぶ. 全体で死2925,家屋全壊12584.郷村断層(長さ18km,水平ずれ最大2.7m )とそれに直交する山田断層(長さ7km)を生じた.測量により,地震に伴った地殻の変形が明らかになった.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 337
西暦 1927/ 10/ 27
和暦 (昭和 2)
震央・M N37.6° E138.7° M5.2
記事 新潟県中部:『関原地震』:局部的強震.傷2,家屋半壊23.宮本村の田圃内に石油ガス噴出口を生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 338
西暦 1930/ 6/ 1
和暦 (昭和 5)
震央・M N36.6° E140.6° M6.5
記事 那珂川下流域:水戸・土浦及び付近の町村で家屋破損などの小被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 339
西暦 1930/ 11/ 26
和暦 (昭和 5)
震央・M N35.1° E139.1° M7.3
記事 伊豆北部:『北伊豆地震』:2~5月に伊東群発地震.この月11日より前震があり,余震も多かった.死272,家屋全壊2165.山崩れ・崖崩れが多く,丹那断層(長さ35km,横ずれ最大2~3m)とそれに直交する姫之湯断層などを生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 340
西暦 1931/ 9/ 21
和暦 (昭和 6)
震央・M N36.2° E139.2° M6.9
記事 埼玉県西部:『西埼玉地震』:死16,家屋全壊207.

▲このページの先頭に戻る

番号 341
西暦 1931/ 11/ 2
和暦 (昭和 6)
震央・M N32.3° E132.6° M7.1
記事 日向灘:宮崎県で家屋全壊4,死1.鹿児島県で家屋全壊1.室戸で津波85cm.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 342
西暦 1933/ 3/ 3
和暦 (昭和 8)
震央・M N39.2° E144.5° M8.1
記事 三陸沖:『三陸地震津波』:震害は少なかった.津波が太平洋岸を襲い,三陸沿岸で被害は甚大.死・不明3064,家屋流失4034,倒壊1817,浸水4018.波高は綾里湾で28.7m にも達した.日本海溝付近で発生した巨大な正断層型地震と考えられている.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 343
西暦 1933/ 9/ 21
和暦 (昭和 8)
震央・M N37.1° E136.8° M6.0
記事 能登半島:石川県鹿島郡で死3,家屋倒壊2,破損143,ほかの被害があった.富山県でも傷2.

▲このページの先頭に戻る

番号 344
西暦 1934/ 8/ 18
和暦 (昭和 9)
震央・M N35.6° E137.0° M6.3
記事 岐阜県郡上八幡付近:八幡町付近で土蔵破損・道路亀裂・崖崩れなどの小被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 345
西暦 1935/ 7/ 11
和暦 (昭和 10)
震央・M N35.0° E138.4° M6.4
記事 静岡市付近:静岡・清水に被害が多く,死9,住家全壊363,非住家全壊451.清水港で岸壁・倉庫が大破,道路・鉄道に被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 346
西暦 1936/ 2/ 21
和暦 (昭和 11)
震央・M N34.6° E135.7° M6.4
記事 大阪・奈良:『河内大和地震』:死9,家屋全半壊148.地面の亀裂や噴砂・湧水現象も見られた.

▲このページの先頭に戻る

番号 347
西暦 1936/ 11/ 3
和暦 (昭和 11)
震央・M N38.2° E142.1° M7.5
記事 金華山沖:福島・宮城両県で非住家全壊3,その他の小被害.小津波があった.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 348
西暦 1936/ 12/ 27
和暦 (昭和 11)
震央・M N34.4° E139.0° M6.3
記事 新島近海:新島・式根島で死3,家屋全壊39,半壊473.崖崩れが多く,26日頃から前震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 349
西暦 1938/ 1/ 12
和暦 (昭和 13)
震央・M N33.6° E135.1° M6.8
記事 田辺湾沖:規模の割には被害が少なく,和歌山県沿岸で家屋小破損など.

▲このページの先頭に戻る

番号 351
西暦 1938/ 5/ 29
和暦 (昭和 13)
震央・M N43.6° E144.5° M6.1
記事 屈斜路湖付近:西岸に被害が多く,家屋倒壊7,死1.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 352
西暦 1938/ 6/ 10
和暦 (昭和 13)
震央・M N25.3° E125.2° M6.7
記事 宮古島北北西沖:津波来襲,平良港で振幅1.5m. 桟橋流失し,帆船に被害があった.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 353
西暦 1938/ 11/ 5
和暦 (昭和 13)
震央・M N37.3° E142.2° M7.5
記事 福島県東方沖:『福島県東方沖地震』:この後年末までにM 7 前後の地震が多発した.福島県下で死1,住家全壊4,非住家全壊16.小名浜・鮎川などで約1mの津波.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 354
西暦 1939/ 3/ 20
和暦 (昭和 14)
震央・M N32.3° E132.0° M6.5
記事 日向灘:大分県沿岸で小被害,宮崎県で死1.小津波があった.  [-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 355
西暦 1939/ 5/ 1
和暦 (昭和 14)
震央・M N40.1° E139.5°deg; M6.8
記事 男鹿半島:『男鹿地震』:2分後にもM 6.7 の地震があった.半島頚部で被害があり,死27,住家全壊479など.軽微な津波があった.半島西部が最大44cm隆起した.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 356
西暦 1940/ 8/ 2
和暦 (昭和 15)
震央・M N44.3° E139.5° M7.5
記事 神威岬沖:震害はほとんどなく,津波による被害が大きかった.波高は,羽幌・天塩2m,利尻3m,金沢・宮津1m.天塩河口で溺死10.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 357
西暦 1941/ 7/ 15
和暦 (昭和 16)
震央・M N36.7° E138.2° M6.1
記事 長野市付近:長野市北東の村々に被害があり,死5,住家全壊29,半壊115,非住家全壊48.

▲このページの先頭に戻る

番号 358
西暦 1941/ 11/ 19
和暦 (昭和 16)
震央・M N32.0° E132.1° M7.2
記事 日向灘:大分・宮崎・熊本の各県で被害があり,死2,家屋全壊27.九州東岸・四国西岸に津波があり,波高は最大1m.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 359
西暦 1943/ 3/ 4
和暦 (昭和 18)
震央・M N35.4° E134.2° M6.2
記事 鳥取沖:翌日にもほぼ同じ所に再震(M 6.2), 両方で傷11,建物倒壊68,半壊515.

▲このページの先頭に戻る

番号 360
西暦 1943/ 8/ 12
和暦 (昭和 18)
震央・M N37.3° E139.9° M6.2
記事 福島県田島付近:『田島地震』:崖崩れや壁の剥落など小被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 361
西暦 1943/ 9/ 10
和暦 (昭和 18)
震央・M N35.5° E134.1° M7.2
記事 鳥取付近:『鳥取地震』:鳥取市を中心に被害が大きく,死1083,家屋全壊7485,半壊6158.鹿野断層(長さ8km),吉岡断層(長さ4.5km) を生じた.地割れ・地変が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 362
西暦 1943/ 10/ 13
和暦 (昭和 18)
震央・M N36.8° E138.1° M5.9
記事 長野県古間村:死1,住家全壊14,半壊66,非住家全壊20.その他,道路の亀裂などがあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 363
西暦 1944/ 12/ 7
和暦 (昭和 19)
震央・M N33.8° E136.6° M7.9
記事 東海道沖:『東南海地震』:静岡・愛知・三重などで合わせて死・不明1223,住家全壊17599,半壊36520,流失3129.このほか,長野県諏訪盆地でも住家全壊12などの被害があった.津波が各地に襲来し,波高は熊野灘沿岸で6~8m,遠州灘沿岸で1~2m.紀伊半島東岸で30~40cm地盤が沈下した.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 364
西暦 1945/ 1/ 13
和暦 (昭和 20)
震央・M N34.7° E137.1° M6.8
記事 愛知県南部:『三河地震』:規模の割に被害が大きく,死2306,住家全壊7221,半壊16555,非住家全壊9187.特に幡豆郡の被害が大きかった. 深溝断層(延長9km,上下ずれ最大2mの逆断層)を生じた.津波は蒲郡で1mなど.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 365
西暦 1946/ 12/ 21
和暦 (昭和 21)
震央・M N33.0° E135.6° M8.0
記事 南海道沖:『南海地震』:被害は中部以西の日本各地にわたり, 死1330,家屋全壊11591,半壊23487,流失1451,焼失2598.津波が静岡県より九州にいたる海岸に来襲し,高知・三重・徳島沿岸で4~6mに達した.室戸・紀伊半島は南上がりの傾動を示し,室戸で1.27m, 潮岬で0.7m 上昇,須崎・甲浦で約1m沈下.高知付近で田園15km が海面下に没した.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 366
西暦 1947/ 9/ 27
和暦 (昭和 22)
震央・M N24.7° E123.2° M7.4
記事 台湾東方沖:石垣島で死1,西表島で死4.瓦の落下・地割れ・落石などがあった.震央は国際地震輯報による.

▲このページの先頭に戻る

番号 367
西暦 1947/ 11/ 4
和暦 (昭和 22)
震央・M N43.8° E141.0° M6.7
記事 留萌西方沖:北海道の西岸に津波があり,波高は利尻島沓形で2m,羽幌付近で0.7m. 小被害があった.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 368
西暦 1948/ 6/ 15
和暦 (昭和 23)
震央・M N33.8° E135.4° M6.7
記事 田辺市付近:和歌山県西牟婁地方で被害が大きかった.死2,家屋倒壊60.道路・水道に被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 369
西暦 1948/ 6/ 28
和暦 (昭和 23)
震央・M N36.2° E136.2° M7.1
記事 福井平野:『福井地震』:被害は福井平野及びその付近に限られ,死3769,家屋倒壊36184,半壊11816,焼失3851.土木構築物の被害も大きかった.南北に地割れの連続としての断層(延長約25km)が生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 370
西暦 1949/ 7/ 12
和暦 (昭和 24)
震央・M N34.1° E132.7° M6.2
記事 安芸灘:呉で死2.壁の亀裂,屋根瓦の落下など小被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 371
西暦 1949/ 12/ 26
和暦 (昭和 24)
震央・M (08h 17m) N36.7° E139.6° M6.2
(08h 25m) N36.6° E139.8° M6.4
記事 今市付近:『今市地震』:死10,住家全壊290,半壊2994,非住家全壊618.被害は石造建物に多く,山崩れも多かった.

▲このページの先頭に戻る


ページ最上部へ