地震発生予測と大震法および地震防災研究Publications

(公社)日本地震学会モノグラフ 第5号「地震発生予測と大震法および地震防災研究」原稿募集

2017年6月23日 編集委員会
古村 孝志・津村 紀子・中川 和之・山野 誠(地震学を社会に伝える連絡会議)
深畑 幸俊・酒井 慎一(シンポジウム・コンビーナ)

 6月17日に開催された日本地震学会主催シンポジウム「地震発生予測と大震法および地震防災研」では、招待講演者とパネリストそして130名の参加者により、地震発生予測の難しさと見通し、想定東海地震の予知と大震法の課題、そして地震防災に向けた情報発信のありかたについて活発な意見交換が行われました。

 地震学会では、シンポジウムにおける議論・意見を、「地震学会モノグラフ」として残すことにしました。モノグラフには、招待講演者とパネリストへの依頼原稿のほか、パネルディスカッション等で意見をいただいた方、あるいはシンポジウムに参加できなかった会員の方からの意見も載せることにしました。シンポジウムのテーマに関して、既に地震学会ニュースレター「大震法に関する意見・解説記事」に意見を寄せられた方からも、改めてモノグラフへの寄稿をお待ちしています。

 モノグラフは、学会Webを通じて電子出版(pdf媒体)されます。冊子体での会員配布については引き続き検討中です。会員のみなさまからの多数の意見投稿をお待ちしております。

※既刊「地震学会モノグラフ」シリーズ第1~4号は以下をご覧ください
日本地震学会モノグラフ【不定期発行】

モノグラフへの投稿のお願い

ページ最上部へ