教員ウィンターミーティングOpen House

教員ウィンターミーティング「コロナ禍での地震の教材を考える」

日本地震学会学校教育委員会では、地震の研究者と小・中・高等学校教員との連携と、地震教育の現状に即した知識普及活動の実現を目指して、教員ウィンターミーティング「コロナ禍でも学ぶ・教える地震の教材を考える」を12月26日(土)にオンラインで開催いたします。
詳細はこのページにて随時お知らせいたします。地震教育に興味を持つ学校教員、研究者のみなさま、若手シニアを問わずご参加ください。
参加されるみなさまからの教材やテーマに沿った話題の紹介も歓迎します。

開催概要

日時

2020年12月26日(土)14時~16時30分(予定)

場所

オンライン(Zoomミーティングの予定)

プログラム(予定)

14:00-14:05 開会
14:05-14:20 話題提供1「東京大学地震研究所のオンライン一般公開」(加納靖之・東京大学地震研究所)
14:20-14:35 話題提供2「北海道大学の教員免許講習(仮)」(高橋浩晃・北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター)
14:35-16:00 フリーディスカッション「コロナ禍でも学ぶ・教える地震の教材を考える」

※少人数のグループに分かれての意見交換を予定しています

※途中休憩、入れ替えあり

※テーマの例「こんな教材はないですか?」「こんな教材があるんだけどどうですか?」「こんなところ・施設・装置を見学してみたい」「こんなところ・施設・装置(オンライン)を見学できます」などなど

16:00-16:30 まとめ

申し込み方法

Googleフォームから、または、地震学会事務局にメールで、12月10日(木)までにお申し込みください。

(1) Googleフォームによる申し込み

次のフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/sBgf9rMcm58rTvWLA

(2) メールによる申し込み

お名前、ご所属(学校名・校種等)、メールアドレスを明記の上、以下の事前アンケートにご記入の上、日本地震学会事務局 zisin@tokyo.email.ne.jp へお申し込みください。

事前アンケート

Q1. ミーティングで聞きたい話題はありますか?     ある ・ ない
「ある」を選んだ方は具体的にご記入ください
(例「こんな教材はないですか?」「こんなところ・施設・装置を見学してみたい」)

Q2. ミーティングで発信、提供したい話題はありますか?     ある ・ ない
「ある」を選んだ方は具体的にご記入ください
(例「こんな教材があるんだけどどうですか?」「こんなところ・施設・装置(オンライン)見学できます」「こんな取り組みをしています」)

*ご提供いただいた個人情報は教員ウィンターミーティングに関わる事務にのみ使用し、日本地震学会のプライバシーポリシーに基づいて取扱います。

お問い合わせ

(公社)日本地震学会事務局
 TEL:03-5803-9570
 E-Mail:zisin@tokyo.email.ne.jp

ページ最上部へ