16世紀以前(-1600)Publications

番号 1
西暦 416/ 8/ 23
和暦 (允恭 5 7 14)
記事 遠飛鳥宮付近(大和):「日本書紀」に「地震」とあるのみ.被害の記述はないが,わが国の歴史に現れた最初の地震.

▲このページの先頭に戻る

番号 2
西暦 599/ 5/ 28
和暦 (推古 7 4 27)
震央・M  (M7)
記事 大和:倒潰家屋を生じた.「日本書紀」にあり,地震による被害の記述としてはわが国最古のもの.

番号 3
西暦 679/ -/ -
和暦 (天武 7 12 -)
震央・M (M6.5~7.5)
記事 筑紫:家屋の倒潰多く,幅2丈,長さ3千余丈の地割れを生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 4
西暦 684/ 11/ 29
和暦 (天武 13 10 14)
震央・M (M8¼)
記事 土佐その他南海・東海・西海地方:山崩れ,河湧き,家屋社寺の倒潰,人畜の死傷多く,津波来襲して土佐の船多数沈没.土佐で田苑50万余頃(約12km )沈下して海となった.南海トラフ沿いの巨大地震と思われる.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 5
西暦 701/ 5/ 12
和暦 (大宝 1 3 26)
記事 丹波:地震うこと3日.若狭湾内の凡海郷が海に没したという「冠島伝説」があるが,疑わしい.

▲このページの先頭に戻る

番号 6
西暦 715/ 7/ 4
和暦 (霊亀 1 5 25)
震央・M N35.1° E137.8° (M6.5~7.5)
記事 遠江:山崩れが天竜川を塞いだ.数十日後決壊,民家170余区が水没した.

▲このページの先頭に戻る

番号 7
西暦 715/ 7/ 5
和暦 (霊亀 1 5 26)
震央・M N34.8° E137.4° (M6.5~7)
記事 三河:正倉47破壊,民家に陥没したものがあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 8
西暦 734/ 5/ 18
和暦 (天平 6 4 7)
記事 畿内・七道諸国:民家倒潰し圧死多く,山崩れ,川塞ぎ,地割れが無数に生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 9
西暦 745/ 6/ 5
和暦 (天平 17 4 27)
震央・M N35.4° E136.5° (M7.9)
記事 美濃:櫓館・正倉・仏寺・堂塔・民家が多く倒潰し,摂津では余震が20日間止まなかった.

▲このページの先頭に戻る

番号 10
西暦 762/ 6/ 9
和暦 (天平宝字 6 5 9)
記事 美濃・飛騨・信濃:被害不詳.罹災者に対し1戸につき穀物2斛を賜った.

▲このページの先頭に戻る

番号 11
西暦 818/ -/ -
和暦 (弘仁 9 7 -)
震央・M (M≧7.5)
記事 関東諸国:山崩れ谷埋まること数里,百姓が多数圧死した.従来,津波があったとされていたが,おそらく洪水であろう.

▲このページの先頭に戻る

番号 12
西暦 827/ 8/ 11
和暦 (天長 4 7 12)
震央・M N35.0° E135¾° (M6.5~7)
記事 京都:舎屋多く潰れ,余震が翌年6月まであった.

▲このページの先頭に戻る

番号 13
西暦 830/ 2/ 3
和暦 (天長 7 1 3)
震央・M N39.8° E140.1° (M7~7.5)
記事 出羽:秋田の城郭・官舎・寺社悉く倒れる.家屋も倒潰し,圧死15,傷100余.地割れ多く,河岸の崩れや川の氾濫があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 14
西暦 841/ -/ -
和暦 (承和 8 - -)
震央・M N36.2° E138.0° (M≧6.5)
記事 信濃:墻屋が倒壊した.同年2月13日以前の地震.

▲このページの先頭に戻る

番号 15
西暦 841/ -/ -
和暦 (承和 8 - -)
震央・M N35.1° E138.9° (M7)
記事 伊豆:里落完からず,死者があった.同年5月3日以前の地震.丹那断層の活動によるものか?

▲このページの先頭に戻る

番号 16
西暦 850/ -/ -
和暦 (嘉祥 3 - -)
震央・M N39.0° E139.7° (M7)
記事 出羽:地裂け,山崩れ,国府の城柵は傾頽し,圧死多数.最上川の岸崩れ,海水は国府から6里のところまで迫った.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 17
西暦 856/ -/ -
和暦 (斉衡 3 3 -)
震央・M (M6~6.5)
記事 京都:京都およびその南方で屋舎が破壊し,仏塔が傾いた.

▲このページの先頭に戻る

番号 18
西暦 863/ 7/ 10
和暦 (貞観 5 6 17)
記事 越中・越後:山崩れ,谷埋まり,水湧き,民家破壊し,圧死多数.直江津付近にあった数個の小島が壊滅したという.

▲このページの先頭に戻る

番号 19
西暦 868/ 8/ 3
和暦 (貞観 10 7 8)
震央・M N34.8° E134.8° (M≧7)
記事 播磨・山城:播磨諸郡の官舎・諸定額寺の堂塔ことごとく頽れ倒れた.京都では垣屋に崩れたものがあった.山崎断層の活動によるものか?

▲このページの先頭に戻る

番号 20
西暦 869/ 7/ 13
和暦 (貞観 11 5 26)
震央・M M8.3
記事 三陸沿岸:城郭・倉庫・門櫓・垣壁など崩れ落ち倒潰するもの無数.津波が多賀城下を襲い,溺死約1千.流光昼のごとく隠映すという.三陸沖の巨大地震とみられる.[4]

▲このページの先頭に戻る

番号 21
西暦 878/ 11/ 1
和暦 (元慶 2 9 29)
震央・M N35.5° E139.3° M7.4
記事 関東諸国:相模・武蔵が特にひどく,5~6日震動が止まらなかった.公私の屋舎一つも全きものなく,地陥り往還不通となる.圧死多数.京都で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 22
西暦 880/ 11/ 23
和暦 (元慶 4 10 14)
震央・M N35.4° E133.2° (M7)
記事 出雲:社寺・民家の破損が多く,余震は10月22日に至るも止まななかった.この日京都でも強く感じたというがこの地震とは無関係で,規模ももっと小さかったとする説がある.

▲このページの先頭に戻る

番号 23
西暦 881/ 1/ 13
和暦 (元慶 4 12 6)
震央・M M6.4
記事 京都:宮城の垣墻・官庁・民家の頽損するものはなはだ多く,余震が翌年まで続いた.

▲このページの先頭に戻る

番号 24
西暦 887/ 8/ 26
和暦 (仁和 3 7 30)
震央・M N33.0° E135.0° (M8~8.5)
記事 五畿・七道:京都で民家・官舎の倒潰多く,圧死多数.津波が沿岸を襲い溺死多数,特に摂津で津波の被害が大きかった.南海トラフ沿いの巨大地震と思われる.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 25
西暦 890/ 7/ 10
和暦 (寛平 2 6 16)
震央・M (M6)
記事 京都:家屋傾き,ほとんど倒潰寸前のものがあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 26
西暦 934/ 7/ 16
和暦 (承平 4 5 27)
震央・M (M6)
記事 京都:午刻に地震2回,京中の築垣が多く転倒した.

▲このページの先頭に戻る

番号 27
西暦 938/ 5/ 22
和暦 (天慶 1 4 15)
震央・M N35.0° E135.8° (M7)
記事 京都・紀伊:宮中の内膳司頽れ,死4.舎屋・築垣倒れるもの多く,堂塔・仏像も多く倒れる.高野山の諸伽藍破壊.余震多く,8月6日に強震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 28
西暦 976/ 7/ 22
和暦 (貞元 1 6 18)
震央・M N34.9° E135.8° (M≧6.7)
記事 山城・近江:両京で屋舎・諸仏寺の転倒多く,死50以上.近江の国府・国分寺・関寺(大津市)で被害.余震が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 29
西暦 1038/ -/ -
和暦 (長暦 1 12 -)
震央・M N34.3° E135.6°
記事 紀伊:高野山中の伽藍・院宇に転倒するもの多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 30
西暦 1041/ 8/ 25
和暦 (長久 2 7 20)
記事 京都:法成寺の鐘楼が転倒した.

▲このページの先頭に戻る

番号 31
西暦 1070/ 12/ 1
和暦 (延久 2 10 20)
震央・M N34.8° E135.8° (M6~6.5)
記事 山城・大和:東大寺の巨鐘の鈕が切れて落ちた.京都では家々の築垣に被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 32
西暦 1091/ 9/ 28
和暦 (寛治 5 8 7)
震央・M N34.7° E135.8° (M6.2~6.5)
記事 山城・大和:法成寺の仏像倒れ,その他の建物・仏像にも被害.大和国金峯山金剛蔵王宝殿が破壊した.

▲このページの先頭に戻る

番号 33
西暦 1093/ 3/ 19
和暦 (寛治 7 2 14)
震央・M (M6~6.3)
記事 京都:所々の塔が破壊した.

▲このページの先頭に戻る

番号 34
西暦 1096/ 12/ 17
和暦 (永長 1 11 24)
震央・M (M8~8.5)
記事 畿内・東海道:大極殿小破,東大寺の巨鐘落ちる.京都の諸寺に被害があった.近江の勢多橋落ちる.津波が伊勢・駿河を襲い,駿河で社寺・民家の流失400余.余震が多かった.東海沖の巨大地震とみられる.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 35
西暦 1099/ 2/ 22
和暦 (康和 1 1 24)
震央・M (M8~8.3)
記事 南海道・畿内:興福寺・摂津天王寺で被害.土佐で田千余町みな海に沈む.津波があったらしい.

▲このページの先頭に戻る

番号 36
西暦 1177/ 11/ 26
和暦 (治承 1 10 27)
震央・M N34.7° E135.8° (M6~6.5)
記事 大和:東大寺で巨鐘が落ちるなどの被害.京都でも地震が強かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 37
西暦 1185/ 8/ 13
和暦 (文治 1 7 9)
震央・M N35.0° E135.8° (M7.4)
記事 近江・山城・大和:京都,特に白河辺の被害が大きかった.社寺・家屋の倒潰破壊多く死多数.宇治橋落ち,死1.9月まで余震多く,特に8月12日の強い余震では多少の被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 38
西暦 1213/ 6/ 18
和暦 (建保 1 5 21)
記事 鎌倉:山崩れ,地裂け,舎屋が破潰した.

▲このページの先頭に戻る

番号 39
西暦 1227/ 4/ 1
和暦 (安貞 1 3 7)
記事 鎌倉:地裂け,所々の門扉・築垣が転倒した.

▲このページの先頭に戻る

番号 40
西暦 1230/ 3/ 15
和暦 (寛喜 2 閏1 22)
記事 鎌倉:大慈寺の後山が頽れた.

▲このページの先頭に戻る

番号 41
西暦 1240/ 3/ 24
和暦 (仁治 1 2 22)
記事 鎌倉:鶴岡神宮寺風なくして倒れ,北山が崩れた.

▲このページの先頭に戻る

番号 42
西暦 1241/ 5/ 22
和暦 (仁治 2 4 3)
震央・M (M7)
記事 鎌倉:津波を伴い,由比ヶ浜大鳥居内拝殿流失,岸にあった船10艘が破損した.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 43
西暦 1245/ 8/ 27
和暦 (寛元 3 7 27)
記事 京都:壁・築垣や所々の屋々に破損が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 44
西暦 1257/ 10/ 9
和暦 (正嘉 1 8 23)
震央・M N35.2° E139.5° (M7~7.5)
記事 関東南部:鎌倉の社寺完きものなく,山崩れ,家屋転倒し,築地ことごとく破損.地割れを生じ,水が湧きでた.余震多数.同日三陸沿岸に津波が来襲したというが,疑わしい.

▲このページの先頭に戻る

番号 45
西暦 1293/ 5/ 27
和暦 (永仁 1 4 13)
震央・M (M7)
記事 鎌倉:鎌倉強震,建長寺ほとんど炎上のほか,諸寺に被害.死数千あるいは2万3千余.余震が多かった.この日,越後魚沼郡で山崩れあり死多数というも,この地震との関係不明.

▲このページの先頭に戻る

番号 46
西暦 1317/ 2/ 24
和暦 (文保 1 1 5)
震央・M N35.0° E135.8° (M6.5~7)
記事 京都:これより先1月3日京都に強震,余震多く,この日大地震.白河辺の人家悉く潰れ,死5.諸寺に被害,清水寺出火.余震が5月になっても止まなかった.

▲このページの先頭に戻る

番号 47
西暦 1325/ 12/ 5
和暦 (正中 2 10 21)
震央・M N35.6° E136.1° M6.5
記事 近江北部・若狭:荒地・中山崩れる.竹生島の一部が崩れて湖中に没した.若狭国敦賀郡の気比神宮倒潰.京都で強く感じ,余震が年末まで続いた.

▲このページの先頭に戻る

番号 48
西暦 1331/ 8/ 15
和暦 (元弘 1 7 3)
震央・M N33.7° E135.2° (M≧7)
記事 紀伊:紀伊国千里浜(田辺市の北)の遠干潟20余町が隆起して陸地となった.

▲このページの先頭に戻る

番号 49
西暦 1350/ 7/ 6
和暦 (正平 5 5 23)
震央・M N35.0° E135.8° (M6)
記事 京都:祇園社の石塔の九輪が落ち砕けた.余震が7月初旬まで続いた.

▲このページの先頭に戻る

番号 50
西暦 1360/ 11/ 22
和暦 (正平 15 10 5)
震央・M N33.4° E136.2° (M7.5~8)
記事 紀伊・摂津:4日に大震,5日に再震,6日の六ツ時過ぎに津波が熊野尾鷲から摂津兵庫まで来襲し,人馬牛の死が多かった.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 51
西暦 1361/ 8/ 1
和暦 (正平 16 6 22)
記事 畿内諸国:この月18日より京都付近に地震多く,この日の地震で法隆寺の築地多少崩れる.23日にも地震あり.次の地震の前震か?

▲このページの先頭に戻る

番号 52
西暦 1361/ 8/ 3
和暦 (正平 16 6 24)
震央・M N33.0° E135.0° (M8¼~8.5)
記事 畿内・土佐・阿波:摂津四天王寺の金堂転倒し,圧死5.その他,諸寺諸堂に被害が多かった.津波で摂津・阿波・土佐に被害,特に阿波の雪(由岐)湊で流失1700戸,流死60余.余震多数.南海トラフ沿いの巨大地震と思われる.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 53
西暦 1408/ 1/ 21
和暦 (応永 14 12 14)
震央・M N33.0° E136.0° (M7~8)
記事 紀伊・伊勢:熊野本宮の温泉の湧出80日間止まる.熊野で被害があったという.紀伊・伊勢・鎌倉に津波があったようである.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 54
西暦 1425/ 12/ 23
和暦 (応永 32 11 5)
震央・M N35.0° E135.8° (M6)
記事 京都:築垣多く崩れる.余震があり,この日終日震う.

▲このページの先頭に戻る

番号 55
西暦 1433/ 11/ 7
和暦 (永享 5 9 16)
震央・M N34.9° E139.5° (M≧7)
記事 相模:相模大山仁王の首落ちる.鎌倉で社寺・築地の被害が多かった.当時東京湾に注いでいた利根川の水が逆流,津波か?余震が多かった.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 56
西暦 1449/ 5/ 13
和暦 (宝徳 1 4 12)
震央・M N35.0° E135¾° (M5T~6.5)
記事 山城・大和:10日から地震があった.洛中の堂塔・築地に被害多く,東山・西山で所々地裂ける.山崩れで人馬の死多数.淀大橋・桂橋落ちる.余震が7月まで続いた.

▲このページの先頭に戻る

番号 57
西暦 1456/ 2/ 14
和暦 (康正 1 12 29)
記事 紀伊:熊野神社の宮殿・神倉崩れる.京都で強震?

▲このページの先頭に戻る

番号 58
西暦 1466/ 5/ 29
和暦 (文正 1 4 6)
記事 京都:天満社・糺社の石灯篭倒れる.

▲このページの先頭に戻る

番号 59
西暦 1494/ 6/ 19
和暦 (明応 3 5 7)
震央・M N34.6° E135.7° (M6)
記事 大和:諸寺破損,矢田庄(大和郡山の西)の民家多く破損.余震が翌年に及んだ.

▲このページの先頭に戻る

番号 60
西暦 1498/ 7/ 9
和暦 (明応 7 6 11)
震央・M N33.0° E132¼° (M7~7.5)
記事 日向灘:九州で山崩れ,地裂け泥湧出.民屋はすべてこわれ死多数.伊予で地変.同日畿内に地震,被害はなかったらしい.同じ地震であれば震域が広く,震央に変更が必要.

▲このページの先頭に戻る

番号 61
西暦 1498/ 9/ 20
和暦 (明応 7 8 25)
震央・M N34.0° E138.0° (M8.2~8.4)
記事 東海道全般:紀伊から房総にかけての海岸と甲斐で振動大きかったが,震害はそれほどでもない.津波が紀伊から房総の海岸を襲い,伊勢大湊で家屋流失1千戸,溺死5千,伊勢・志摩で溺死1万,静岡県志太郡で流死2万6千など.南海トラフ沿いの巨大地震とみられる.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 62
西暦 1502/ 1/ 28
和暦 (文亀 1 12 10)
震央・M N37.2° E138.2° (M6.5~7)
記事 越後南西部:越後の国府(現直江津)で潰家,死多数.会津でも強く搖れた.

▲このページの先頭に戻る

番号 63
西暦 1510/ 9/ 21
和暦 (永正 7 8 8)
震央・M N34.6° E135.6° (M6.5~7)
記事 摂津・河内:摂津・河内の諸寺で被害.大阪で潰死者があった.余震が70余日続く.

▲このページの先頭に戻る

番号 64
西暦 1517/ 7/ 18
和暦 (永正 14 6 20)
記事 越後:倒家が多かった.史料少なく詳細不明.

▲このページの先頭に戻る

番号 65
西暦 1520/ 4/ 4
和暦 (永正 17 3 7)
震央・M N33.0° E136.0° (M7~7¾)
記事 紀伊・京都:熊野・那智の寺院破壊.津波があり,民家流失.京都で禁中の築地所々破損した.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 66
西暦 1525/ 9/ 20
和暦 (大永 5 8 23)
記事 鎌倉:由比ヶ浜の川・入江・沼が埋まって平地となった.27日まで昼夜地震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 67
西暦 1579/ 2/ 25
和暦 (天正 7 1 20)
震央・M N34.7° E135.5° M6.0
記事 摂津:四天王寺の鳥居崩れ,余震3日にわたる.

▲このページの先頭に戻る

番号 68
西暦 1586/ 1/ 18
和暦 (天正 13 11 29)
震央・M N36.0° E136.9° (M7.8)
記事 畿内・東海・東山・北陸諸道:飛騨白川谷で大山崩れ,帰雲山城,民家300余戸埋没し,死多数.飛騨・美濃・伊勢・近江など広域で被害.阿波でも地割れを生じ,余震は翌年まで続いた.震央を白川断層上と考えたが,伊勢湾とする説,二つの地震が続発したとする説などがあり,不明な点が多い.伊勢湾に津波があったかもしれない.

▲このページの先頭に戻る

番号 69
西暦 1589/ 3/ 21
和暦 (天正 17 2 5)
震央・M N34.8° E138.2° (M6.7)
記事 駿河・遠江:民家多く破損し,興国寺・長久保・沼津などの城塀が破壊した.

▲このページの先頭に戻る

番号 70
西暦 1596/ 9/ 4
和暦 (慶長 1 閏7 12)
震央・M N33.3° E131.6° M7.0
記事 豊後:7月3日より前震があり,閏7月11日から多発してこの日大地震.高崎山など崩れる.海水が引いた後大津波が来襲し,別府湾沿岸で被害.大分などで家屋ほとんど流失.「瓜生島」(大分の北にあった沖ノ浜とされる)の80%陥没し,死708という.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 71
西暦 1596/ 9/ 5
和暦 (慶長 1 閏7 13)
震央・M N34.65° E135.6° M7½
記事 畿内:京都では三条より伏見の間で被害が最も多く,伏見城天守大破,石垣崩れて圧死約500.諸寺・民家の倒潰も多く,死傷多数.堺で死600余.奈良・大阪・神戸でも被害が多かった.余震が翌年4月まで続いた.

▲このページの先頭に戻る


ページ最上部へ