番号 194
西暦 1801/ 5/ 27
和暦 (享和 1 4 15)
震央・M N35.3° E140.1°
記事 上総:久留里城の塀など破損,民家の潰れるもの多かった.江戸で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 195
西暦 1802/ 11/ 18
和暦 (享和 2 10 23)
震央・M N35.2° E136.5° (M6.5~7)
記事 畿内・名古屋:奈良春日の石灯篭かなり倒れ,名古屋で本町御門西の土居の松倒れ,高壁崩れる.彦根・京都で有感.やや深い地震か?

▲このページの先頭に戻る

番号 196
西暦 1802/ 12/ 9
和暦 (享和 2 11 15)
震央・M N37.8° E138.35° (M6.5~7)
記事 佐渡:巳刻の地震で微小被害,未刻の地震は大きく,佐渡3郡全体で焼失328,潰家732,死19.島の西南海岸が最大2m強隆起した.鶴岡で強く感じ,米沢・江戸・日光・高山・秋田・弘前で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 197
西暦 1804/ 7/ 10
和暦 (文化 1 6 4)
震央・M N39.05° E139.95° M7.0
記事 羽前・羽後:『象潟地震』:5月より付近で鳴動があった.被害は全体で潰家5千以上,死500以上.象潟湖が隆起して乾陸あるいは沼となった.余震が多かった.象潟・酒田などに津波の記事がある.

▲このページの先頭に戻る

番号 198
西暦 1810/ 9/ 25
和暦 (文化 7 8 27)
震央・M N39.9° E139.9° M6.5
記事 羽後:男鹿半島の東半分5月頃より鳴動し,7月中旬から地震が頻発,27日に大地震.寒風山を中心に被害があり,全潰1003,死57.秋田で強く感じ,角館・大館・鯵ヶ沢・弘前・鶴岡で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 199
西暦 1811/ 1/ 27
和暦 (文化 8 1 3)
記事 三宅島:噴火活動による地震.山崩れ・地割れを生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 200
西暦 1812/ 4/ 21
和暦 (文化 9 3 10)
震央・M N33.5° E133.5°
記事 土佐:高知で土蔵壁落ち,瓦落下,塀の損所があった.中村の方が強かったともいう.

▲このページの先頭に戻る

番号 201
西暦 1812/ 12/ 7
和暦 (文化 9 11 4)
震央・M N35.45° E139.65° M6¼
記事 武蔵・相模: 江戸で小被害があった.最戸村(現横浜市港南区)で潰家22.その他神奈川・川崎・保土ヶ谷に潰家や死者があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 202
西暦 1815/ 3/ 1
和暦 (文化 12 1 21)
震央・M N36.4° E136.5° (M6)
記事 加賀小松:小松城の破損多く,岐阜県白鳥町の悲願寺で香炉が落ちた.金沢で強かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 203
西暦 1817/ 12/ 12
和暦 (文化 14 11 5)
震央・M N35.20° E139.05° (M6)
記事 箱根:箱根で落石,江戸で幕府書物方の蔵に小被害.秩父・甲府・八王子で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 204
西暦 1819/ 8/ 2
和暦 (文政 2 6 12)
震央・M N35.2° E136.3° M7¼
記事 伊勢・美濃・近江:近江八幡で潰家82,死5.木曽川下流では香取(多度町)で40軒全滅,金廻では海寿寺潰れ圧死70.名古屋・犬山・四日市・京都などのほか,金沢・敦賀・出石・大和郡山などでも被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 205
西暦 1821/ 9/ 12
和暦 (文政 4 8 16)
記事 津軽・青森・八戸:青森で小店の屋根落ち,子供1人死亡.八戸で城などに被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 206
西暦 1821/ 12/ 13
和暦 (文政 4 11 19)
震央・M N37.45° E139.6° (M5.5~6)
記事 岩代:大沼郡大石組の狭い範囲に強震.130軒壊れ,破損300余軒,死若干.上下動が強く,山崩れがあった.翌年1月4日,さらに強い地震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 207
西暦 1823/ 9/ 29
和暦 (文政 6 8 25)
震央・M N40.0° E141.1° (M5¾~6)
記事 陸中岩手山:山崩れあり,西根八ヶ村に被害,潰家105など.岩手山の北30kmにある七時雨山も崩れ,死69,不明4.

▲このページの先頭に戻る

番号 208
西暦 1826/ 8/ 28
和暦 (文政 9 7 25)
震央・M N36.2° E137.25° (M6)
記事 飛騨大野郡:地裂け,石垣崩れる.土蔵の壁土落ち,石塔・石灯篭が倒れた.

▲このページの先頭に戻る

番号 209
西暦 1828/ 5/ 26
和暦 (文政 11 4 13)
震央・M N32.6° E129.9° (M6)
記事 長崎:出島の周壁が数ヶ所潰裂.天草で激しかったという.天草の海中で噴火に似た現象があったという.

▲このページの先頭に戻る

番号 210
西暦 1828/ 12/ 18
和暦 (文政 11 11 12)
震央・M N37.6° E138.9° M6.9
記事 越後:激震地域は信濃川流域の平地.三条・見付・今町・与板などで被害が大きかった.武者によると全体で全潰9808,焼失1204,死1443であるが,実際はもっと多かったらしい.地割れから水や砂の噴出がみられたり,流砂現象がみられた.

▲このページの先頭に戻る

番号 211
西暦 1830/ 8/ 19
和暦 (天保 1 7 2)
震央・M N35.1°deg; E135.6° M6.5
記事 京都および隣国:洛中洛外の土蔵はほとんど被害を受けたが,民家の倒潰はほとんどなかった.御所・二条城などで被害.京都での死280.上下動が強く,余震が非常に多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 212
西暦 1831/ 11/ 14
和暦 (天保 2 10 11)
震央・M N33.2° E130.3° (M6.1)
記事 肥前:佐賀城の石垣崩れ,侍屋敷・町郷に破損多く,潰家もあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 213
西暦 1832/ 3/ 15
和暦 (天保 3 2 13)
震央・M N40.7° E141.6° (M6½)
記事 八戸:土蔵の破損が多かった.南宗寺・本寿寺の石碑所々痛む.

▲このページの先頭に戻る

番号 214
西暦 1833/ 5/ 27
和暦 (天保 4 4 9)
震央・M N35.5° E136.6° (M6¼)
記事 美濃西部:大垣北方の村々で山崩れ多く,死者30余という.余震が多く,8月まで続く.震源は根尾谷断層に近い.

▲このページの先頭に戻る

番号 215
西暦 1833/ 12/ 7
和暦 (天保 4 10 26)
震央・M N38.9° E139.25° M7½
記事 羽前・羽後・越後・佐渡:庄内地方で特に被害が大きく,潰家475,死42.津波が本庄から新潟に至る海岸と佐渡を襲い,能登で大破流出家約345,死約100.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 216
西暦 1834/ 2/ 9
和暦 (天保 5 1 1)
震央・M N43.3° E141.4° (M6.4)
記事 石狩:地割れ,泥噴出.アイヌの家23潰れる.その他,会所などに被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 217
西暦 1835/ 3/ 12
和暦 (天保 6 2 14)
震央・M N35.1° E132.6° (M5½)
記事 石見:島根県高畑村で石地蔵・石塔・墓石などが倒れ,蔵の壁が破れ,石垣が崩れた.

▲このページの先頭に戻る

番号 218
西暦 1835/ 7/ 20
和暦 (天保 6 6 25)
震央・M N38.5° E142.5° (M7)
記事 仙台:仙台城で石垣崩れ,藩内で被害.岩手県藤沢町で石垣崩れ,蔵の壁を損じた.津波があったとされるが,疑問もある.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 219
西暦 1836/ 3/ 31
和暦 (天保 7 2 15)
震央・M N34.4° E139.2° (M5~6)
記事 伊豆新島:神社・寺の石垣崩れる.江戸で有感.2月末まで地震続く.

▲このページの先頭に戻る

番号 220
西暦 1839/ 5/ 1
和暦 (天保 10 3 18)
震央・M (M7)
記事 釧路・厚岸:国泰寺門前の石灯篭大破,戸障子破損.津軽で強く感じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 221
西暦 1841/ 4/ 22
和暦 (天保 12 3 2)
震央・M N35.0° E138.5° (M6¼)
記事 駿河:駿府城の石垣崩れ,久能山東照宮の堂・門など破損.江尻・清水辺で家や蔵の壁が落ち,地裂け,水吹き出す.三保の松原の砂地が2千坪ほど沈下した.

▲このページの先頭に戻る

番号 222
西暦 1841/ 11/ 3
和暦 (天保 12 9 20)
震央・M N33.2° E132.4° (M6)
記事 宇和島:宇和島城の塀・壁など破損.四国・中国の西部と筑後で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 223
西暦 1842/ 4/ 17
和暦 (天保 13 3 7)
記事 琉球:宮古島などで5日頃から地震,7日の地震で石墻が多く崩れた.14日まで数十回の地震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 224
西暦 1843/ 3/ 9
和暦 (天保 14 2 9)
震央・M N35.35° E139.1° M6.5
記事 足柄・御殿場:足柄萱沼村で石垣・堤の崩れ多く,御殿場の近くや津久井でも被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 225
西暦 1843/ 4/ 25
和暦 (天保 14 3 26)
震央・M N42.0° E146.0° (M7.5)
記事 釧路・根室:厚岸国泰寺で被害があった.津波があり,全体で死46.家屋破壊75.八戸にも津波.松前・津軽で強く感じ,江戸でも有感.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 226
西暦 1844/ 8/ 8
和暦 (弘化 1 6 25)
震央・M N33.0° E131.3°
記事 肥後北部:28日まで地震が多く,久住北里で特に強かった.杖立村で落石により百姓屋崩れる.

▲このページの先頭に戻る

番号 227
西暦 1847/ 2/ 15
和暦 (弘化 4 1 1)
記事 越後高田:諸所破損,長屋も破損.

▲このページの先頭に戻る

番号 228
西暦 1847/ 5/ 8
和暦 (弘化 4 3 24)
震央・M N36.7° E138.2° M7.4
記事 信濃北部および越後西部:『善光寺地震』:被害範囲は高田から松本に至る地域で,特に水内・更級両郡の被害が最大だった.松代領で潰家9550,死2695,飯山領で潰家1977,死586,善光寺領で潰家2285,死2486など.全国からの善光寺の参詣者7千~8千のうち,生き残ったもの約1割という.山地で山崩れが多く,松代領では4万ヶ所以上.虚空蔵山が崩れて犀川をせき止め,上流は湖となったが,4月13日に決壊して流出家屋810,流死100余.

▲このページの先頭に戻る

番号 229
西暦 1847/ 5/ 13
和暦 (弘化 4 3 29)
震央・M N37.2° E138.3° M6½
記事 越後頚城郡:善光寺地震の被害と区別できないところが多い.潰家・大破ならびに死傷があった.地割れを生じ,泥を噴出し,田畑が埋没したところもあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 230
西暦 1848/ 1/ 10
和暦 (弘化 4 12 5)
震央・M N33.2° E130.4° M5.9
記事 筑後:柳川で家屋の倒潰があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 231
西暦 1848/ 1/ 13
和暦 (弘化 4 12 8)
震央・M N40.7° E140.6° M6.0
記事 津軽:弘前の城内・城下で被害.黒石・猿賀(弘前の北東)辺で特に強く,潰家があったらしい.

▲このページの先頭に戻る

番号 232
西暦 1848/ 1/ 25
和暦 (弘化 4 12 20)
震央・M N32.85° E130.65°
記事 熊本:熊本城内で石垣を損じ,座敷などの壁が落ちた.

▲このページの先頭に戻る

番号 233
西暦 1853/ 1/ 26
和暦 (嘉永 5 12 17)
震央・M N36.6° E138.1° M6.5
記事 信濃北部:善光寺で被害.長野市中で下屋の破壊があった.松代領で潰家23.

▲このページの先頭に戻る

番号 234
西暦 1853/ 3/ 11
和暦 (嘉永 6 2 2)
震央・M N35.3° E139.15° M6.7
記事 小田原付近:小田原で被害が大きく,城内で潰れや大破が多かった.小田原領で潰家1千余,死23.山崩れが多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 235
西暦 1854/ 7/ 9
和暦 (安政 1 6 15)
震央・M N34.75° E136.0° M7¼
記事 伊賀・伊勢・大和および隣国:12日頃から前震があった.上野付近で潰家2千余,死約600,奈良で潰家400以上,死300余など,全体で死者は1500を越える.上野の北方で西南西-東北東方向の断層を生じ,南側の1kmの地域が最大1.5m 相対的に沈下した.木津川断層の活動であろう.

▲このページの先頭に戻る

番号 236
西暦 1854/ 8/ 28
和暦 (安政 1 閏7 5)
震央・M N40.6° E141.6° M6.5
記事 陸奥:三戸・八戸で被害.地割れがあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 237
西暦 1854/ 12/ 23
和暦 (安政 1 11 4)
震央・M N34.0° E137.8° M8.4
記事 東海・東山・南海諸道:『安政東海地震』:被害は関東から近畿に及び,特に沼津から伊勢湾にかけての海岸がひどかった.津波が房総から土佐までの沿岸を襲い,被害をさらに大きくした.この地震による居宅の潰・焼失は約3万軒,死者は2千~3千人と思われる.沿岸では著しい地殻変動が認められた.地殻変動や津波の解析から,震源域が駿河湾深くまで入り込んでいた可能性が指摘されており,すでに100年以上経過していることから,次の東海地震の発生が心配されている.[3]

▲このページの先頭に戻る

番号 238
西暦 1854/ 12/ 24
和暦 (安政 1 11 5)
震央・M N33.0° E135.0° M8.4
記事 畿内・東海・東山・北陸・南海・山陰・山陽道:『安政南海地震』:東海地震の32時間後に発生,近畿付近では二つの地震の被害をはっきりとは区別できない.被害地域は中部から九州に及ぶ.津波が大きく,波高は串本で15m,久礼で16m,種崎で11mなど.地震と津波の被害の区別が難しい.死者数千.室戸・紀伊半島は南上がりの傾動を示し,室戸・串本で約1m隆起,甲浦・加太で約1m沈下した.[4]

▲このページの先頭に戻る

番号 239
西暦 1854/ 12/ 26
和暦 (安政 1 11 7)
震央・M N33¼° E132.0° (M7.3~7.5)
記事 伊予西部・豊後:南海地震の被害と区別が難しい.伊予大洲・吉田で潰家があった.鶴崎で倒れ屋敷100,土佐でも強く感じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 240
西暦 1855/ 3/ 15
和暦 (安政 2 1 27)
記事 遠江・駿河:大井川の堤揺れ込み,焼津で古い割れ目から水が噴出.

▲このページの先頭に戻る

番号 241
西暦 1855/ 3/ 18
和暦 (安政 2 2 1)
震央・M N36.25° E136.9° M6¾
記事 飛騨白川・金沢:野谷村で寺・民家に破損があった.保木脇村で民家2軒が山抜けのため潰れ,死12.金沢城で石垣など破損.

▲このページの先頭に戻る

番号 242
西暦 1855/ 8/ 16
和暦 (安政 2 7 4)
記事 米子:城内で所々崩れ,地割れもあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 243
西暦 1855/ 9/ 13
和暦 (安政 2 8 3)
震央・M N38.1° E142.0° M7¼
記事 陸前:仙台で屋敷の石垣,堂寺の石塔・灯篭崩れる.山形県・岩手県南部・新潟県分水町・常陸太田で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 244
西暦 1855/ 11/ 7
和暦 (安政 2 9 28)
震央・M N34.5° E137.75° (M7~7.5)
記事 遠州灘:前年の東海地震の最大余震.掛塚・下前野・袋井・掛川辺がひどく,ほとんど全滅.死者があった.津波があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 245
西暦 1855/ 11/ 11
和暦 (安政 2 10 2)
震央・M N35.65° E139.8° M6.9
記事 江戸および付近:『江戸地震』:下町で特に被害が大きかった.地震後30余ヶ所から出火,焼失面積は 2.2km におよんだ.江戸町方の被害は,潰れ焼失1万4千余,死4千余.瓦版が多数発行された.

▲このページの先頭に戻る

番号 246
西暦 1856/ 8/ 23
和暦 (安政 3 7 23)
震央・M N41.0° E142¼° (M7.5)
記事 日高・胆振・渡島・津軽・南部:震害は少なかったが,津波が三陸及び北海道の南岸を襲った.南部藩で流失93,潰106,溺死26,八戸藩でも死3など.余震が多かった.1968年十勝沖地震に津波の様子がよく似ており,もう少し海溝寄りの地震かもしれない.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 247
西暦 1856/ 11/ 4
和暦 (安政 3 10 7)
震央・M N35.7° E139.5° (M6~6.5)
記事 江戸・所沢:江戸で壁の剥落や積瓦の落下があり,傷23.粂川で家屋倒潰15という.

▲このページの先頭に戻る

番号 248
西暦 1857/ 7/ 8
和暦 (安政 4 閏5 17)
震央・M N34.4° E131.4° (M6)
記事 萩:城内で石垣などに小被害.市中でも小被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 249
西暦 1857/ 7/ 14
和暦 (安政 4 閏5 23)
震央・M N34.8° E138.2° M6¼
記事 駿河:田中城内で被害.藤枝・静岡で強くゆれ,相良で人家が倒れたという.

▲このページの先頭に戻る

番号 250
西暦 1857/ 10/ 12
和暦 (安政 4 8 25)
震央・M N34.0° E132.5° M7¼
記事 伊予・安芸:今治で城内破損,郷町で潰家3,死1.宇和島・松山・広島などで被害.郡中で死4.

▲このページの先頭に戻る

番号 251
西暦 1858/ 4/ 9
和暦 (安政 5 2 26)
震央・M N36.4° E137.2° (M7.0~7.1)
記事 飛騨・越中・加賀・越前:飛騨北部・越中で被害が大きく,飛騨で潰家319,死203.山崩れも多く,常願寺川の上流が堰止められ,後に決壊して流出および潰家1600余,溺死140の被害を出した.跡津川断層の運動(右横ずれ)によると考えられる.

▲このページの先頭に戻る

番号 252
西暦 1858/ 4/ 9
和暦 (安政 5 2 26)
記事 丹後宮津:地割れを生じ,家屋が大破した.

▲このページの先頭に戻る

番号 253
西暦 1858/ 4/ 23
和暦 (安政 5 3 10)
震央・M N36.6° E137.9° M5.7
記事 信濃北西部:大町組で家・蔵が潰れ,山崩れがあった.この地震が引金で,2月26日の地震で堰止められたところが崩れたと考えられる.

▲このページの先頭に戻る

番号 254
西暦 1858/ 7/ 8
和暦 (安政 5 5 28)
震央・M N40.75° E142.0° (M7~7.5)
記事 八戸・三戸:八戸・三戸で土蔵・堤水門・橋など破損.青森・田名部・鯵ヶ沢で強く感じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 255
西暦 1858/ 8/ 24
和暦 (安政 5 7 16)
記事 紀伊:田辺で瓦が落ち,壁が崩れた家があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 256
西暦 1858/ 9/ 29
和暦 (安政 5 8 23)
震央・M N40.9° E140.8° (M6)
記事 青森:安方町で米蔵潰れる.狩場沢村(現平内町)で道路に亀裂があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 257
西暦 1859/ 1/ 5
和暦 (安政 5 12 2)
震央・M N34.8° E131.9° M6.2
記事 石見:島根県一帯で強く,波佐村で山崩れがあった.周布村・美濃村・下道川村などで被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 258
西暦 1859/ 1/ 11
和暦 (安政 5 12 8)
震央・M N35.9° E139.7° (M6)
記事 岩槻:城の本丸櫓・多門その他破損.江戸・佐野・鹿沼で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 259
西暦 1859/ 10/ 4
和暦 (安政 6 9 9)
震央・M N34.5° E132.0° (M6~6.5)
記事 石見:島根県那賀郡で強く,周布村でも潰家や地割れがあった.広島城内でも被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 260
西暦 1861/ 10/ 21
和暦 (文久 1 9 18)
震央・M N38.55° E141.15° M6.4
記事 陸中・陸前・磐城:陸前の遠田・志田・登米・桃生の各郡で特に被害が多く,潰家・死傷があった.江戸・新潟県分水町・長野まで有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 261
西暦 1864/ 3/ 6
和暦 (元治 1 1 28)
震央・M (M6¼)
記事 播磨・丹波:加古川上流の杉原谷で家屋が多く破壊したという.

▲このページの先頭に戻る

番号 262
西暦 1866/ 11/ 24
和暦 (慶応 2 10 18)
記事 銚子:銚子市後飯町の浅間社の石の鳥居倒れる.日光・相馬・成田・江戸・干潟で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 263
西暦 1870/ 5/ 12
和暦 (明治 3 4 12)
震央・M N35.25° E139.1° (M6~6.5)
記事 小田原:小田原城内の所々で壁などが破損した.町田・江戸・塩山・馬籠・分水町で有感.

▲このページの先頭に戻る

番号 264
西暦 1872/ 3/ 14
和暦 (明治 5 2 6)
震央・M N35.15° E132.1° M7.1
記事 石見・出雲:『浜田地震』:1週間ほど前から鳴動,当日には前震もあった.全体で全潰約5千,死552  .特に石見東部で被害が多かった.海岸沿いに数尺の隆起・沈降がみられ,小津波があった.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 902
西暦 1877/ 5/ 10
和暦 (明治 10)
記事 太平洋沿岸:チリのイキケ沖の地震による津波.波高は釜石で3mなど.函館などで被害.房総半島で死者があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 265
西暦 1880/ 2/ 22
和暦 (明治 13)
震央・M N35.4° E139.75° (M5.5~6)
記事 横浜:横浜で煙突の破損が多く,家屋の壁が落ちた.東京の被害は軽かった.この地震を機として日本地震学会が生まれた.

▲このページの先頭に戻る

番号 266
西暦 1881/ 10/ 25
和暦 (明治 14)
震央・M N43.3° E147.3° (M7)
記事 北海道:国後島泊湊で板蔵など倒れ,または大破した.津軽でも強く感じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 267
西暦 1882/ 6/ 24
和暦 (明治 15)
記事 高知市付近:市中で壁が落ち,板塀が倒れ,石灯篭の頭が落ちるなどの被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 268
西暦 1884/ 10/ 15
和暦 (明治 17)
震央・M N35.7° E139.75°
記事 東京付近:多数の煙突が倒れ,煉瓦作りの壁に亀裂が入った.柱時計の70~80%が止まった.

▲このページの先頭に戻る

番号 269
西暦 1886/ 7/ 23
和暦 (明治 19)
震央・M N37.1° E138.5° M5.3
記事 信越国境:家屋倒壊,道路・石垣破損,山崩れなどの小被害.上高井地方で前震があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 270
西暦 1889/ 7/ 28
和暦 (明治 22)
震央・M N32.8° E130.7° M6.3
記事 熊本:熊本市を中心に半径約20kmの範囲に被害があり,県全体で全壊239,死20.橋の落下や破損が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 271
西暦 1890/ 1/ 7
和暦 (明治 23)
震央・M N36.5° E138.0° M6.2
記事 犀川流域:東筑摩・北安曇・更科・上水内の各郡で家屋の小破,山崩れ,道路破損などがあった.

▲このページの先頭に戻る

番号 272
西暦 1890/ 4/ 16
和暦 (明治 23)
震央・M N34.2° E139.3° M6.8
記事 三宅島付近:三宅島で海岸が崩れ,道路を埋め,亀裂を生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 273
西暦 1891/ 10/ 28
和暦 (明治 24)
震央・M N35.6° E136.6° M8.0
記事 愛知県・岐阜県:『濃尾地震』:仙台以南の全国で地震を感じた.わが国の内陸地震としては最大のもの.建物全壊14万余,半壊8万余,死7273,山崩れ1万余.根尾谷を通る大断層を生じ,水鳥で上下に6m,水平に2mずれた.1892年1月3日,9月7日,94年1月10日の余震でも家屋破損などの被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 274
西暦 1892/ 6/ 3
和暦 (明治 25)
震央・M N35.7° E139.9° M6.2
記事 東京湾北部:東京で家屋破損5,土蔵破損24,その他の小被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 275
西暦 1892/ 12/ 9
和暦 (明治 25)
震央・M N37.1° E136.7° M6.4
記事 能登:家屋・土蔵の破損があった.11日にも同程度の地震があり,羽咋郡で全壊2,死1.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 276
西暦 1893/ 6/ 4
和暦 (明治 26)
震央・M N43½° E148° M7¾
記事 千島南部:エトロフ島で震動が強く,岩石の崩壊があった.津波はシコタン島で2.5mなど.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 277
西暦 1893/ 9/ 7
和暦 (明治 26)
震央・M N31.4° E130.5° M5.3
記事 鹿児島県:知覧村付近で強く,家屋・土蔵・石垣・堤防など破損.近くの村々でも被害.

▲このページの先頭に戻る

番号 278
西暦 1894/ 3/ 22
和暦 (明治 27)
震央・M N42½° E146° M7.9
記事 根室南西沖:根室・厚岸で家屋・土蔵に被害.津波は宮古4m,大船渡1.5mなど.[2]

▲このページの先頭に戻る

番号 279
西暦 1894/ 6/ 20
和暦 (明治 27)
震央・M N35.7° E139.8° M7.0
記事 東京湾北部:青森から中国・四国地方まで地震を感じた.東京・横浜の被害が大きかった.神田・本所・深川で全半壊多く,東京で死24.川崎・横浜で死7.鎌倉・浦和方面にも被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 280
西暦 1894/ 8/ 8
和暦 (明治 27)
震央・M N32.8° E131.0° M6.3
記事 熊本県中部:阿蘇郡で家屋・土蔵の破損22,山崩れ18.その他でも小被害があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 281
西暦 1894/ 10/ 22
和暦 (明治 27)
震央・M N38.9° E139.9° M7.0
記事 庄内平野:『庄内地震』被害は主として庄内平野に集中した.山形県下で全壊3858,半壊2397,焼失2148,死726.

▲このページの先頭に戻る

番号 282
西暦 1895/ 1/ 18
和暦 (明治 28)
震央・M N36.1° E140.4° M7.2
記事 霞ヶ浦付近:北海道・四国・中国の一部まで地震を感じた.被害範囲は関東東半分.全壊47,死9.

▲このページの先頭に戻る

番号 283
西暦 1895/ 8/ 27
和暦 (明治 28)
震央・M N32.8° E131.0° M6.3
記事 熊本:阿蘇郡山西村で家屋・土蔵破損400,その他の被害が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 284
西暦 1896/ 1/ 9
和暦 (明治 29)
震央・M N36½° E141° M7.0
記事 鹿島灘:那珂川・久慈川河口で家屋・土蔵が小破した.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 285
西暦 1896/ 4/ 2
和暦 (明治 29)
震央・M N37.5° E137.3° M5.7
記事 能登半島:蛸島村で土蔵倒壊2,家屋破損15.禄剛崎燈台破損.

▲このページの先頭に戻る

番号 286
西暦 1896/ 6/ 15
和暦 (明治 29)
震央・M N39½° E144° M8H
記事 三陸沖:『明治三陸地震津波』:震害はない.津波が北海道より牡鹿半島にいたる海岸に襲来し,死者は青森343,宮城3452,北海道6,岩手18158.家屋流失全半壊1万以上,船の被害約7千.波高は,吉浜24.4m,綾里38.2m,田老14.6m など.津波はハワイやカリフォルニアに達した.Mは津波を考慮したもの.[4]

▲このページの先頭に戻る

番号 287
西暦 1896/ 8/ 31
和暦 (明治 29)
震央・M N39.5° E140.7° M7.2
記事 秋田・岩手県境:『陸羽地震』:秋田県の仙北郡・平鹿郡,岩手県の西和賀郡・稗貫郡で被害が大きく,両県で全壊5792,死209.川舟断層・千屋断層を生じた.

▲このページの先頭に戻る

番号 288
西暦 1897/ 1/ 17
和暦 (明治 30)
震央・M N36.7° E138.3° M5.2
記事 長野県北部:4月30日再震.須坂・上高井地方で家屋破損など小被害があった.7月まで240回以上.群発地震.

▲このページの先頭に戻る

番号 289
西暦 1897/ 2/ 20
和暦 (明治 30)
震央・M N38.1° E141.9° M7.4
記事 仙台沖:岩手・山形・宮城・福島で小規模の被害.一ノ関で家屋破損72など.[0]

▲このページの先頭に戻る

番号 290
西暦 1897/ 8/ 5
和暦 (明治 30)
震央・M N38.3° E143.3° M7.7
記事 仙台沖:津波により三陸沿岸に小被害.津波の高さは盛町で3m,釜石で1.2m.[1]

▲このページの先頭に戻る

番号 291
西暦 1898/ 4/ 3
和暦 (明治 31)
震央・M N34.6° E131.2° M6.2
記事 山口県見島:見島西部で強く,神社仏閣の損傷・倒壊,石垣の崩壊があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 292
西暦 1898/ 4/ 23
和暦 (明治 31)
震央・M N38.6° E142.0° M7.2
記事 宮城県沖:岩手・宮城・福島・青森の各県で小被害.小津波があった.従来,岩手県沖とされていたもの.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 293
西暦 1898/ 5/ 26
和暦 (明治 31)
震央・M N37.0° E138.9° M6.1
記事 新潟県六日町付近:家屋に小被害があり,田畑の亀裂・噴砂があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 294
西暦 1898/ 8/ 10
和暦 (明治 31)
震央・M N33.6° E130.2° M6.0
記事 福岡市付近:糸島郡で家屋破損73,土蔵破損13,神社破損8など.12日に再び地震があり,家屋などが小破した.

▲このページの先頭に戻る

番号 295
西暦 1898/ 9/ 1
和暦 (明治 31)
震央・M N24.5° E124.7° M7
記事 八重山群島:宮古・石垣両島で家屋半壊2,山崩れ,石垣の崩壊があった.

▲このページの先頭に戻る

番号 296
西暦 1899/ 3/ 7
和暦 (明治 32)
震央・M N34.1° E136.1° M7.0
記事 紀伊半島南東部:奈良県吉野郡・三重県南牟婁郡で被害が大きく,木ノ本・尾鷲で死7,全壊35,山崩れ無数.大阪・奈良で煉瓦煙突の破損が多かった.

▲このページの先頭に戻る

番号 297
西暦 1899/ 11/ 25
和暦 (明治 32)
震央・M (03h 43m) N31.9° E132.0° M7.1
(03h 55m) N32.7° E132.3° M6.9
記事 日向灘:宮崎・大分で家屋が小破し,土蔵が倒壊した.大分では2回目の方が強かった.[-1]

▲このページの先頭に戻る

番号 298
西暦 1900/ 3/ 22
和暦 (明治 33)
震央・M N35.8° E136.2° M5.8
記事 福井県鯖江付近:鯖江町・吉田村で被害が最も多かった.県全体で家屋全壊2,半壊10,破損488など.

▲このページの先頭に戻る

番号 299
西暦 1900/ 5/ 12
和暦 (明治 33)
震央・M N38.7° E141.1° M7.0
記事 宮城県北部:遠田郡で最も激しく,県全体で死傷17,家屋全壊44,半壊48,破損1474.

▲このページの先頭に戻る

番号 300
西暦 1900/ 11/ 5
和暦 (明治 33)
震央・M N33.9° E139.4° M6.6
記事 御蔵島・三宅島付近:4日より前震があった.御蔵島・三宅島・神津島で家屋半壊や海岸の崩壊があった.

▲このページの先頭に戻る


ページ最上部へ