2021年度Awards

受賞者:入倉 孝次郎

授賞対象業績名

強震動予測手法の開発と展開

受賞理由

受賞者は、京都大学に在籍中、地震学、特に社会と密接に関係する強震動地震学の分野において数々の卓越した成果を残された。なかでも、特筆すべきは地震強震動予測に関する研究である。

受賞者は、遠地の地震記録に基づく先行研究を踏まえ、震源スペクトルのスケーリング則と震源断層の相似則に基づいて中小地震記録から大地震の強震記録の再現や予測を行う経験的グリーン関数法を提案された。この方法は、近地強震記録に適用することで広帯域における強震動の再現を可能にし、中小地震記録を将来起きる大地震の強震動予測に活用できる可能性を示唆するものであった。また、平成7年兵庫県南部地震において生じた「震災の帯」の原因となった強震動パルス波が地下の震源断層の運動と不整形地盤による地震動の増幅的干渉効果によって生じたものであったことを、観測事実とモデルシミュレーションにより明らかにされた。

受賞者は、その後、断層面積や平均滑り量といった巨視的断層パラメータのみならず、滑り分布の不均質のような微視的断層パラメータも強震動生成に重要な役割を果たすことに着目された。新たに既往の大地震について不均質震源断層モデルの統計解析による滑りの大きい領域のスケーリング則を精査し、滑りの大きい領域と震源断層面上で強い揺れを生じる領域の対応といった強震動に関わる震源物理の研究成果を統合した「特性化震源断層モデル」の構築方法を提案された。

一連の強震動予測手法をまとめた「強震動予測レシピ」は、政府地震調査研究推進本部の全国地震動予測地図の根幹を成し、地震災害の軽減を目的とした地震動分布推定や地震被害想定に必要な強震動予測に広く用いられている。また海外においても、日本発の強震動予測手法として認知され、利用されている。

受賞者は強震動地震学の研究を永年牽引し、地震学の発展に寄与してきた。国内外の次世代地震研究を担う多くの人材を育成するとともに、地震防災に関する著書の執筆や各種委員会における活動を通じて社会の地震災害軽減に尽力されてきた。受賞者は、現在もなお地震学会を始めとする国内、国際学術集会等で精力的に研究発表を行っている。

以上のことから、2021年度日本地震学会賞を授賞する。

ページ最上部へ