2022年度(前期)海外渡航旅費助成金の公募についてRecruit and Grant

海外渡航旅費助成金審査委員会

公益財団法人地震予知総合研究振興会からの助成による海外渡航旅費助成金の申請を募集します。
2022年度前期も、現地で会議が開かれずオンライン開催のみとなる場合や、オンライン開催との同時開催でも海外渡航せずオンライン参加を選択する場合が考えられます。そこで、A助成とB助成の2種類を用意しました。このB助成の採択実績は、来年度の他の助成の審査には影響しませんので、積極的な応募をお願いいたします。

A助成 海外渡航費の助成(これまで通りの助成)
B助成 参加登録費および投稿料のみを対象とした助成(海外渡航せずに国際会議等で発表する場合)

今回の助成では、2022年4月1日から2022年8月31日までに出発する渡航もしくはこの期間と会期が全部または一部重なる国際会議を対象とします。
応募者は、下記の要領にしたがって海外渡航旅費助成金申請書を作成し、日本地震学会事務局(zisin@tokyo.email.ne.jp)宛に提出して下さい。
申請書提出及び採否通知等の連絡は電子メールを通じて行います。

助成対象者の選定においては、助成金に関する規定第9条に基づき、以下の点が考慮されます。

ポスドクの方はその立場上、本助成で採択されても所属先機関から渡航が制限される場合があり得ますので、事前に各所属先の事務で確認の上、応募して下さい。
助成金に関する規定に関してご不明な点がある場合は、学会事務局までお問い合わせ下さい。

申請書

申請書は、下記よりダウンロードしてお使い下さい。


応募締切

応募締め切りは2022年2月28日です。
採否は締め切り後1ヶ月以内に申請者に通知します。

助成金採択者には帰国後(2週間以内程度)に報告書をご提出いただきます(日本語または英語、日本語の場合は目安としてA助成は1000字程度、B助成は400字程度)。
助成金採択者の氏名および報告書はニュースレターおよび日本地震学会ウェブサイトに掲載されることがありますので、予めご了承下さい。

なお、以下の場合は審査対象外となりますので、十分ご注意下さい。

ページ最上部へ