授賞対象功績名:GEONETの継続的長期運用技術の開発とそれに基づく地球科学への貢献

受賞団体

国土地理院GEONETグループ

受賞理由

 受賞対象は、日本列島陸上における地殻変動観測網の開発・運用を通じて地震学の発展に多大な貢献をしてきた。主な業績は以下の通りである。

 地震に伴う諸現象のうち、地殻変動現象を正確に捉えるために、GPSを始めとするGNSS(全地球測位システム)が幅広く利活用されている。日本においては、1996年にそれまでの観測網を統合する形で、GEONETの運用が開始された。その後、観測点数が1,200点に達する世界でも類を見ない稠密観測網となっている。GEONETは測量法上の基準点と位置づけられているともに、地震に伴う地殻変動現象の理解に大きく貢献してきた。大地震に伴う地殻変動の空間分布、余効変動などを精度よく観測するともに、プレート境界における滑り欠損の推定、スロースリップイベントの発見、など、数多くの地震学的に重要な研究に寄与している。さらに、GNSSを地震計として利用するなどのより短い時間帯域への活用も重要な成果である。国土地理院では、GEONETのデータを公開することに加えて、ルーチン処理により、その時々の座標値を推定する技術開発を行っており、精度の高い結果が公開されている。これにより、GEONETデータ及びその成果が広く利活用されるようになったことは特筆に値する。現在、GEONETは重要な研究基盤となっており、そのデータを用いた研究により、受賞対象は卓抜した成果をあげている。さらに、減災・防災への貢献も大きい。

 理事会は、今回の授賞にあたり、「GEONETの継続的長期運用技術の開発とそれに基づく地球科学への貢献」が、技術開発の成果を礎とした観測網を構築し、それから得られたデータを用いて日本列島における地球科学的研究および地震発生研究において極めて重要な成果をあげていること、観測網が今後の研究基盤として欠かせないこと、本観測網が世界でも類を見ない海陸地殻変動観測網の陸上部分を担っていることから、日本地震学会技術開発賞を授賞する。

授賞対象功績名:定常的なGNSS-A海底地殻変動観測技術の確立と地震学への貢献

受賞者

藤田 雅之,松本 良浩,佐藤 まりこ,石川 直史,渡邉 俊一,横田 裕輔

受賞理由

 受賞対象は、日本列島の周辺海域における地殻変動観測網の開発・運用を通じて地震学の発展に多大な貢献をしてきた。主な業績は以下の通りである。

 日本周辺のプレート境界型大地震は海底下で発生することから、海底地殻変動観測は重要である。海底において、地殻変動を観測するためにGNSS-音響測距結合方式が提案され、技術開発が行われた。2000年代初頭には、GNSS技術と音響測距技術を組み合わせ、観測船を接続点として両者を高精度に結合する手法の基礎技術開発が行われた。この技術が我が国で独自に確立されたことの意義は大きい。その後、開発されたシステムは海上保安庁の測量船に艤装され、安定的な観測が実施できるようになり、観測精度に関する検証も行われた。観測機器・手法の開発と併行して、解析技術の開発も行われ、プレート境界型大地震に伴う海底地殻変動を観測することが可能となった。2010年代には、観測技術及び解析技術のさらなる高度化により、年4回から10回程度の観測頻度とcmオーダーの観測技術が達成されている。これらの観測により、日本海溝や南海トラフ沈み込み帯における浅部プレート境界のプレート間固着状態の把握が可能となり、巨大地震震源域の理解に大きく貢献した。最近では、浅部プレート境界のスロースリップイベントの検出などの新知見も提供している。受賞対象による観測技術の開発と定常的な観測体制の確立は、多くの重要な観測成果をもたらすとともに、海底地殻変動研究を大きく牽引しており、重要な研究基盤となっている。また、データ論文やデータDOIによるオープンデータシステムを導入しており、その先進的な取り組みも評価される。

 理事会は、今回の授賞にあたり、「定常的なGNSS-A海底地殻変動観測技術の確立と地震学への貢献」が、技術開発の成果を礎とした観測網を構築し、それから得られたデータを用いて日本列島における地球科学的研究および地震発生研究において極めて重要な成果をあげていること、観測網が今後の研究基盤として欠かせないこと、本観測網が世界でも類を見ない海陸地殻変動観測網の海域部として重要な役割を果たしていることから、日本地震学会技術開発賞を授賞する。

ページ最上部へ