2021年度秋季大会一般公開セミナー「東北地方太平洋沖地震10年と地震研究」Event

公益社団法人日本地震学会では、地震学の研究成果を一般社会に還元し、地震に関する知識を広く普及することを目的に、普及啓発活動として一般公開セミナーを開催しています。
2021年度は、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から10年の間に得られた巨大地震に関する知見を整理し、地震学の現状や将来を市民の皆様に伝えます。中高生を中心とする若い世代の皆様にも分かりやすい内容となっておりますので、奮ってご参加ください。

開催概要

日時

2021年10月17日(日)13:00~15:40

場所

東北大学百周年記念会館・川内萩ホール(仙台市青葉区)

開催方法

会場参加とオンライン参加のハイブリッド形式で開催
(今後の感染症の状況により変更の可能性があります。)

対象

どなたでもお申込みいただけます。

参加費

無料

プログラム

13:00~13:05 開会あいさつ
13:05~13:35 「2011年東北地方太平洋沖地震-東日本大震災をひきおこした地震」
東北大学大学院理学研究科 教授 日野 亮太
13:35~14:05 「地震津波観測網で巨大地震に備える ~東日本大震災を教訓に~」
防災科学技術研究所 地震津波火山ネットワークセンター センター長 青井 真
14:15~14:45 「早く・正しく:地震波・津波即時予測の挑戦」
弘前大学大学院理工学研究科 准教授 前田 拓人
14:50~15:35 パネルディスカッション
上記の講演者に加え、
西川 友章(パネラー,京都大学防災研究所附属地震予知研究センター 助教)
山谷 里奈(パネラー,東京大学地震研究所 博士課程3年)
大草 芳江(モデレーター,特定非営利活動法人 natural science 理事)
15:35~15:40 閉会あいさつ

申込方法

日本地震学会ウェブサイトより9月頃に申込開始予定

※本セミナーは、科学研究費補助金(課題番号21HP0008)と日本地震学会社会活動基金の助成を受けて開催されます。

問い合わせ

一般公開セミナー仙台LOC(東北大学大学院理学研究科内)
E-mail:loc21zisin@grp.tohoku.ac.jp

ページ最上部へ