【選択】地震と災害について考えよう・広めよう -阪神・淡路大震災から25年を経て-Event

更新日 2020/5/22

開催日時

2020年8月21日(金) 【講習時間:6時間】

受付 08:45~
講義・実験施設見学 09:00~12:00
休憩・防災ミュージアム見学 12:00~13:00
講義・教材製作と実習・修了試験 13:00~16:20
解散 16:30

開催場所

京都大学防災研究所(京都府宇治市)

講習概要

 本講習では、将来発生が予測される巨大地震に関する講義を受け、災害の軽減に向けた防災・減災・学校安全教育と、各教科教諭および養護教諭間の連携も含めた学校対応のあり方について議論します。

 また研究所内施設の見学と授業に使える教材の作製・実習を行います。

講師

講師 所属 役職
橋本 学 京都大学防災研究所 教授
中島 健 龍谷大学理工学部 非常勤講師

対象職種

教諭・養護教諭

主な受講対象者

小・中・高・特別支援学校教員で地震防災に興味のある方

費用

受講料

6,000円
(ただし、日本地震学会会員は半額とします。)

定員

20名

申込期間

開催中止

ページ最上部へ