【選択】地震などの実験・実習教材の作成と授業での活用方法Event

更新日 2020/5/25

開催日時

2020年12月26日(土)~27日(日)【講習時間:12時間】

日程は両日とも以下の通りです。

受付 08:40~09:00
講習 09:00~16:20

※初日、17:30頃から懇親会を予定しています。

開催場所

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)

講習概要

 微地形の考察なども含め、地震に関係する様々な実験、地球の大きさ測定実習等の教材を、実際に作成して実験・実習を行います。教材作成、実験・実習を通して、これらの教材を授業で活用する方法も考えます。

 また、大地震に備えての教諭と養護教諭との連携等、安全教育における地震に関わる内容についても取り扱う予定です。

講師

講師 所属 役職
根本 泰雄 立命館大学理工学部 教授
宮嶋 敏 埼玉県立熊谷高等学校 教諭
伊東 明彦 宇都宮大学 教授
加納 靖之 東京大学地震研究所 准教授
山田 伸之 高知大学 准教授
山野 誠 東京大学地震研究所 教授
桑野 修 国立研究開発法人・海洋研究開発機構 研究員
荒井 賢一 栄東高等学校 教諭
美澤 綾子 静岡県立静岡高等学校 教諭
南島 正重 東京都立両国高等学校 主幹教諭

対象職種

教諭・養護教諭

主な受講対象者

小学校教諭・養護教諭、中・高理科教諭・養護教諭、および地震教育や地震の安全教育に興味のある教諭・養護教諭(校種・教科を問わず)

費用

受講料

12,000円
(ただし、日本地震学会会員は半額とします。)

教材費

2,000円

合計

14,000円
(日本地震学会会員は8,000円)

定員

12名

申込期間

2020年10月1日~11月24日(予定)

ページ最上部へ